メッシュフェンスが目隠しフェンスに変身!

メッシュフェンスが目隠しフェンスに変身!

 

□既存フェンスに後付けできるフェンスがある!?

 

住宅街に行くとコンクリート(ブロック)&メッシュフェンスをよく見かけますね。

 

私の住んでいる家も化粧ブロック&メッシュフェンスで囲まれています。

 

当たり前ですがメッシュフェンスでは目隠しにはなりませんよね。

 

コンクリート(ブロック)&メッシュフェンスは境界ラインを示すのが目的であり目隠しが目的ではありません。

 

 

フェンス(柵)の役割って何?の記事を見る

 

メッシュフェンスがある方はこんな事を思ったことがありませんか?

 

『今あるメッシュフェンスを撤去して目隠しフェンスを設置すると費用がかかるし、大がかりな工事になる…』

 

『なんとか今あるメッシュフェンスを撤去せずに目隠しフェンスを設置したい』

 

そんな要望に応えるのがメッシュフェンスに後付けできる短脚パネルです。

 

短脚パネルの魅力は何と言ってもメッシュフェンスを目隠しフェンスに変身させられることです。

 

設置は電動ドライバーがあれば結束バンドor専用金具で簡単に取り付けができます。

 

設置は簡単ですが設置後の見た目は高級感のあるエクステリアになります。

 

 

□短脚パネルを設置したらどうなるか


『本当にメッシュフェンスに目隠しができるの?』

 

『後付けなんて見た目がみっともないんじゃない?』

 

そう疑問に思った方もいると思いますのでもっと詳しく紹介していきたいと思います。

 

ではまず短脚パネルを設置していただいた事例を紹介します。

 

高さ120cmの後付けフェンス【短脚パネル】

 

 

短脚パネルで華やかな外観に

 

素敵な設置後の写真を頂きました。

 

どうですか?

 

メッシュフェンスが見事に目隠しフェンスに変身しましたよね。

 

どちらも短脚パネルの表面を外側に向けて設置していただいております。

 

他にも素敵な事例をたくさん掲載していますので是非ご覧ください。

 

 

既存フェンスに取付パネルの設置事例一覧を見る

 

 

次はパネルの表面を内側(お宅側)に向けて設置した事例の紹介です。

 

樹脂製フェンスはコスパ良しなんです

 

 

お庭の内側に、人気の短脚パネル

 

メッシュフェンスやコンクリートブロックの状況にもよりますが外内どちらに向けて設置していただいても大丈夫です。

 

外側に向ける時は(もちろん内側に向ける時も)特に転倒や落下が無いようにしっかり取り付けしてくださいね!

 

他にも素敵な事例をたくさん掲載していますので是非ご覧ください。

 

 

既存フェンスに取付パネルの設置事例一覧を見る

 

 

サンプル請求

 

 

 

□明るく目隠しできるポリカ交互ボーダーも登場


上で紹介した事例は全てボーダー板間隔1cmです。

 

2021年4月から新たにすりガラス調のポリカーボネートを組み合わせたデザインを販売開始しました。

 

高さは90cmと120cmの2サイズのみですがとてもお勧めの商品です。

既存フェンス・ベランダに取付パネル 短脚パネルボーダー板間隔1cm一覧のご紹介

すりガラス調なので距離が近いとややはっきり見えて、距離が遠くなるほどぼんやりと見えるイメージです。

 

見た目もおしゃれで採光しながら明るく目隠しできるフェンスです。

 

ポリカフェンスの見え方

ポリカーボネートを採り入れる事で

 

•光を採り入れながら目隠しできる

•圧迫感を感じにくい

•防犯面で安心感を得られる

 

などたくさんのメリットがあるまさに高機能フェンスです。

 

通常のボーダーデザインよりも少し値段は上がりますがきっと満足していただけるフェンスです。

 

 

□どんな場所に設置できる?


メッシュフェンスであればどのような状況でも設置できる万能フェンスではありません。

 

•風が強く吹き込む場所でないか

•転倒、落下の危険性が無い場所か

•パネルがしっかりとコンクリートに載るか

•メッシュフェンス自体が脆くなっていないか

 

等は安全第一で判断してください。

 

また既存フェンスが破損しないように風当りが強い場所は設置を控えて脚を埋め固めるフェンスをご検討ください。

 

短脚パネルのよくある質問をまとめたページを作りましたので疑問解決にお役立てください。

 

よくある質問ページの下部の方に注意点もまとめていますので、そちらもご確認ください。

 

 

短脚パネルのよくある質問

 

 

□短脚パネルをVR体験しよう!


•目隠しフェンスがあるときとないときの違いは?

•フェンスの板間隔が1cmと3cmの違いは?

•部屋の中と庭にいたときの見え方の違いは?

 

 

►隙間1cmと隙間3cmのイメージの違いをVRでも体感してみてください。

VRでリアル体験

(一部対応していないブラウザもあります。)

 

 

►短脚パネルを詳しく説明している特集ページはこちら!

短脚パネルを詳しく見る

 

 

短脚パネル一覧はこちら

 

 

□風が吹き込む場所や高さが欲しいな方にお勧めのフェンスは


短脚パネルは製品の特性上、今あるメッシュフェンスの支柱に依存する製品ですので先に説明した通り、風が強く吹き込む場所への設置はお控えいただく製品です。

 

その為、高さのあるサイズは生産しておりません。

 

そんな方にお勧めなのが上だけ(上段)DIYコンフォートフェンスです。

 

上だけ(上段)DIYコンフォートフェンス

上だけ(上段)DIYコンフォートフェンスの紹介ページを見る

 

DIYフェンス 上だけ(上段)ボーダー板間隔1cm一覧のご紹介

 

 

しっかりと脚元を埋めて施工するフェンスですので強度面でも安心です。

 

短脚パネルも上だけ(上段)DIYコンフォートフェンスも樹脂製です。

 

樹脂フェンスのメリット・デメリット

 

 

自社の国内工場で樹脂から成形して組み付け、梱包、出荷まで一貫して自社で行っているんですよ。

 

樹脂製目隠しフェンス国内自社工場のご案内

 

 

樹脂製フェンスが気になった方は是非無料のサンプルをご利用ください。

サンプル請求

 

目隠しフェンスの材質選びの記事を見る

 

 

目隠しフェンス選び方はこちら


ガーデンライフ彩の目隠しフェンスが選ばれる5つの理由

 

カテゴリ: 目隠しフェンス豆知識
UPDATE: 2021/04/08

カテゴリ一覧

月別アーカイブ


PAGE TOP