DIYフェンスor置くだけ簡単設置フェンス

DIYフェンスor置くだけ簡単設置フェンス

[簡単に設置できるフェンスvs本格的にdiyするフェンス]

目隠しフェンスを検討している方必見?かはさておき、今回はガーデンライフ彩の看板商品の2つを比較して紹介したいと思います。

 

プランターボックスが付いた簡単設置の"ぽんと置くだけフェンス"とフェンスブロックを使用する埋め込み式の"DIYフェンス"です。

 

おそらくこの記事を見ていただいている方は、簡単に設置できるフェンスが魅力的だけど倒れたりしないか心配だったり、脚を埋めるフェンスの方が安心だけどうまく施工できるか心配だったり、できるだけ費用を抑えたいと思っていたり…

 

そんなお悩みや不安があってどちらにしようか悩んでいる方もいるのではないでしょうか。

 

どちらのフェンスにしようか悩んでいる方に少しでも役立つ情報になれば嬉しく思いますsmiley

 

今回は
♦高さ180cmで幅2.7m分の目隠しフェンスを設置したい!(板間隔1cm、表面加工はスタンダード)

という設定にしたいと思います。

 


[簡単設置の目隠しフェンス]

•先攻は【ぽんと置くだけフェンス】から。

 

<フェンスの予算>

幅は1台90cmの規格なので3台必要です。設置後の高さは変わらないので180cmを選んでくださいね。

 

価格は25,481円×3で76,443円です。

※価格は2018年7月時点の価格です。

 

ぽんと置くだけフェンスを詳しく見る

⇒ぽんと置くだけフェンスを詳しく見る

 

<メリットとデメリットは?>

ぽんと置くだけフェンスのメリット、デメリットをご紹介します。

 

<メリット>

メリットは設置が簡単な点です。

 

プランターが付いているので工事をすることなく置くだけで設置が可能です。またプランター部分を活用して植物を育てたり、小物入れに活用するということも可能です。

 

また置き場所を後から変えることが可能ということもdiyフェンスには無いメリットです。

 

⇒オプションパーツも充実しています

 

<デメリット>

デメリットは脚を埋め込んでいない為、転倒防止対策が必要な点です。

 

特に高さのあるフェンスほど風の影響を受けやすいので、もたれる壁やフェンスがある場所に置き括りつけるなど対策が必要です。

 

またプランターが付いているので脚を埋めるフェンスに比べて設置にスペースが必要です。

 


[diyで脚を埋め込むフェンス]

後攻は【DIYフェンス】です。

幅は1枚90cmの規格なので3枚必要です。高さを選ぶ際は注意が必要です。

 

DIYコンフォートフェンスは脚を30cm埋める仕様なので設置後に180cmの高さが必要なら210cmを選んでください。

 

<フェンスの予算>

価格は17,900円×3枚で53,700円です。

※価格は2018年7月時点の価格です。

 

DIYフェンスを詳しくみる

⇒DIYコンフォートフェンスを詳しく見る

 

<メリットとデメリットは?>

diyフェンスのメリット、デメリットをご紹介します。

 

<メリット>

メリットは脚を埋め込んで施工している為に基本的には転倒の心配はいりません。

 

プランター付きフェンスに比べると省スペースで設置が可能です。またプランターが無い分、費用を抑える事ができます。

 

<デメリット>

デメリットは施工に時間と手間がかかり道具も必要になってきます。

 

特にモルタルを使う工程や水平を保っての施工は素人にはハードルが高いかもしれません。

 

またプランター付きフェンスのように設置後に場所を変更ということができません。

 


[どっちのフェンスがお得なの?]

フェンスの価格だけだとdiyフェンスが22,743円安いお買い物です。

でもこれはフェンスのみの価格の比較です。

 

DIYフェンスは施工するのに基礎石やモルタルや砂利、水平器やスコップなど色々と必要な道具がでてきます。

 

フェンス3枚の設置だと基礎石は4つ必要になります。ホームセンターで1つ1,000円以上はするかと思います。モルタルや砂利やスコップ等はホームセンターで比較的安価で手に入ります。

 

また設置は業者さんに依頼となると別途費用がかかりますし、ご自身で施工する場合も時間がかかりますのでそれも費用と考えることができますね。

 

⇒DIYフェンスの施工方法はこちら

 

時間を費用と考えない場合、ご自身で施工すれば必要な物を全て購入しても、ぽんと置くだけフェンスより費用を抑えて設置できます。

 

<価格だけで判断はNG>

フェンスを選ぶ上で費用も重要ですが、フェンスの特徴や違い、メリットやデメリットをしっかりと把握して、お庭に合ったフェンスをお選びくださいねlaugh

 

⇒目隠しフェンスの選び方のポイント

 

ガーデンライフ彩の樹脂製目隠しフェンスが気になった方は是非無料サンプルをご利用ください。

 

⇒樹脂製フェンスのメリット・デメリット

 

樹脂製フェンスの無料サンプル

 

ガーデンライフ彩はお客様から設置事例の写真をいただいております。是非参考にしてください!

 

自分の設置イメージにちかい施工事例がみつかるかもしれません。

 

設置後の高さ180cmの目隠しフェンス

 

⇒目隠しフェンスの設置事例の一覧を見る

 


⇒目隠しフェンスの高さ選びの記事はこちら

 

⇒目隠しフェンスのカラー選びの記事はこちら

 

⇒目隠しフェンスの板間隔の選び方の記事はこちら

 

⇒目隠しフェンスのメリット・デメリットの記事はこちら

カテゴリ: 目隠しフェンス豆知識
UPDATE: 2018/07/12

PAGE TOP