エクステリアリフォームに目隠しフェンスを!

エクステリアリフォームに目隠しフェンスを!

[エクステリアとは]

 

ガーデンライフ彩は樹脂製のオリジナル目隠しフェンスを専門に扱っております。

 

ガーデンライフ彩のお客様は一般のお客様、工務店様やリフォーム業者様など様々な方からご利用いただいております。

 

一般のお客様でエクステリアという言葉を聞いてそれを想像できる人はどれくらいいるでしょうか。

 

あまり普段聞かない言葉ですが、インテリアの対義語だと言うと少しはイメージがつくのではないでしょうか。

 

インテリアというのは内装や室内装飾を意味します。その対義語ということはエクステリアは室外を意味します。

 

現在はエクステリアについて専門性を高めた勉強をする専門学校まで存在しています。では具体的にエクステリアとはどういったものでしょうか。

 

例えば玄関までのアプローチが挙げられます。玄関までのアプローチというのは門から玄関まで歩く通路のことで、この通路が統一感を持っているとカッコよさが増します。

 

門は家の顔になるもので材料や門を設置するスペースによって変わってきます。引き戸タイプもあれば、スライド式の門もあり材質も軽いアルミや、重いですが立派な印象を受ける鉄製など色々と選ぶことができます。

 

理想の住まいには欠かせないエクステリアは近年リフォームでも注目されています。

 

リフォームというとこれまでは、インテリア、例えばお風呂やトイレ、キッチンに費用をかけてエクステリアは後回しということが多い状況でした。

 

しかし近年ではインテリア同様にエクステリアにもしっかり費用をかけて理想の住まいにリフォームしようという流れが強くなっています。

 

フェンスも家を構成する大切な要素です。不審者の侵入を防ぐ意味の防犯面でも、隣の家や道路から家の中を見られないようにするプライバシー管理の面でもフェンスは重要な役割を果たします。

 

⇒フェンスの役割って何?

 

ウッドデッキもエクステリアの一種です。しかしせっかくリフォームで憧れのウッドデッキを設置しても耐久性のない木製を選んでしまっては数年で無残なことになってしまします。

 

ガーデンライフ彩では樹脂製フェンスはもちろん、樹脂製のデッキも自社で生産、販売しております。

人気の樹脂製デッキ7点セット人気の樹脂製デッキ7点セット

⇒人気の樹脂製デッキ7点セット

 

このようにエクステリアはただ室外を意味するものではなく、家をおしゃれに演出するために必要なものになりつつあります。

 

また、家が少し古くてもエクステリアをリフォームをすることで見違えるように綺麗に新しいイメージをつけることもできます。

 

そんな中、ガーデンライフ彩の目隠しフェンスが選ばれてお役に立てれば大変嬉しく思います。

 

[エクステリアの種類]

 

エクステリアにはオープンスタイルとクローズスタイルの2種類があります。オープンスタイルはフェンスを設置しないで周りから見えるようにしてしまうことです。

 

欧米に多いスタイルで開放的で明るいのがメリットです。

 

敷地面積が狭い家でフェンスまで作ってしまうと圧迫感を感じてしまうだけでなく、実際に使用できる面積も狭くなってしまいます。

 

その一方、クローズスタイルはフェンスや外壁を設置する外構スタイルを言います。フェンスや外壁で家の周囲を取り囲み、庭や1階部分を見えないようにする方法です。

 

日本では昔からフェンスや生け垣・お堀などで周囲と区別する習慣があったのでクローズスタイルの家は現在も多く存在し根強い人気を保っています。

 

オープンスタイルとクローズスタイルの大きな違いはプライバシーの管理ができているかという点です。

 

外から家の中で何をしているのか見えることを嫌う人は多いでしょう。クローズスタイルでフェンスや生け垣の高さを取ることができると防犯性も向上します。

 

しかし必ずしもフェンスがあれば防犯性が向上というわけではありません。

 

なぜならあまり目隠し機能が高いフェンスだと、侵入された後に侵入者の隠れ蓑になってしまうからです。

 

もし、防犯の意味でフェンスを設置しようと考えている人は高さや材質・地面に軽石を敷くなどといった対策が必要になってくるでしょう。

 

⇒フェンスの高さ選びでお悩みならこちら

 

近年ではオープンスタイルとクローズスタイルの両方を取り入れたセミオープンスタイルというのも流行ってきています。

 

セミオープンスタイルは部分部分で見えたり見えなかったりと工夫されていて、家を完全に隠すことがないので侵入者や不審者がいた場合でも外から見ることができます。

 

そこでガーデンライフ彩の簡単設置の目隠しフェンスやDIYで施工できる目隠しフェンスが選ばれているわけです。

 

目隠しフェンスの設置事例目隠しフェンスの設置事例

⇒ガーデンライフ彩の目隠しフェンスで素敵になった事例

 

⇒目隠しフェンスでマイホームを手軽にレベルアップの記事

 

リビングルームや寝室・お風呂などプライベート空間に関しては隠したい場所だけ隠すこともできるので両デザインの良いところだけを合わせたのがセミオープンデザインです。

 

[エクステリアのリフォーム]

 

リフォームをする際に先ほど紹介した3つのデザインのどれを選ぶかは個人の好み次第になりますが、共通して大切なことは何点かあります。

 

まずは範囲を明確に決めておくことが必要です。敷地のどこにフェンスを設置するのか、どのような門を設置するのか、玄関までの動線をどのように引くのかといった点をあらかじめ決めておきましょう。

 

施工会社もその点はプロなので、できるかできないか判断してくれます。どのように展開するのかは施工会社にある程度任せても構いませんが、どうせなら少しは自分の好みのプランを考えておくのもいいのではないでしょうか。

 

外から家がどのように見えるのか、外から見てどのようにすればおしゃれになるのかという点以外にも忘れてはいけないのは、家の中からどのように見えるのかという点です。

 

窓から見えるエクステリアのバランスが悪いとせっかく外からの景観が良くても台無しになってしまいます。

 

そして、もう一つ忘れてはいけないのが防犯性を少しは考えておくことです。

 

フェンスの高さが低すぎたり、逆に高すぎたりして全く見えないという状態では防犯性に疑問が出てきます。

 

様々なバランスを考慮して後悔の無いエクステリアリフォームができるといいですね。


本格施工のフェンスは無理に頑張らずに業者に依頼しましょう!

プロ仕様でリフォームにも最適な目隠しフェンス

⇒プロ仕様でリフォームにもピッタリ!ルーバータイプはこちら

 

プロ仕様でリフォームにも最適な木調樹脂スリットフェンス

⇒プロ仕様でリフォームにもピッタリ!スリットタイプはこちら

 

プロ仕様でリフォームにも最適な木調樹脂ラティスフェンス

⇒プロ仕様でリフォームにもピッタリ!ラティスタイプはこちら

カテゴリ: 目隠しフェンス豆知識
UPDATE: 2018/03/13

カテゴリ一覧

月別アーカイブ


PAGE TOP