隣家の境界に目隠しフェンスを考えている方へ

隣家の境界に目隠しフェンスを考えている方へ

 

□隣家の境界に目隠しできるフェンス 

 

一昔前の日本では一軒家の場合には庭を広くとって、一軒一軒の間のスペースが広めにとられていました。

 

しかし、近年様々な要因が合わさり、各家庭の面積自体が狭くなることで隣家との距離が狭くなってきています。

 

特に都心へのアクセスが良いベッドタウンの住宅地はその傾向が強いのではないでしょうか。

 

そのため、プライバシーのことなどを考え

 

隣家との境に目隠しができるようなフェンスを取り付けたい』

 

と思っている方は少なくありません。

 

まず目隠しフェンスとは一般的に使われている境界フェンスとは違い、背が高く外からの視線をさえぎる目的として使われています。

 

基本的にはサイズは1メートル以上に設定されていることが多く、高さがあるものでは1.8メートル程のものまで選ぶことができます。

 

選ぶのは高さだけではなく、フェンスのデザインや隙間選びも重要です。

 

1cm間隔と3cm間隔の比較

※実際は脚元を埋めて施工するフェンスです。

 

上の写真は隙間が広いフェンス(3cm)と狭いフェンス(1cm)の比較です。

 

目隠しフェンスは目的に合わせた高さやデザインを選ぶことが重要です。

 

 

目隠しフェンスの高さ選びについて

 

 

目隠しフェンスの板間隔の選び方

 

 

今回は実際に建てたいと思っている方に、具体的に目隠しができるフェンスについて説明します。

 

 

□隣家との境界に設置できるフェンスにはどんな種類がある?


隣家との境界に目隠しフェンスが欲しいと思っている方は、今隣家との境界はどのようになっていますか?

 

おそらくコンクリートブロック&メッシュフェンスというパターンが多いのではないでしょうか。

 

ガーデンライフ彩では簡単に設置できる目隠しフェンスや、本格的なDIYで脚を埋め込んで設置するフェンスも増えているため選ぶ人が多く人気を集めています。

 

 

♦簡単に設置したい方はぽんと置くだけフェンス


『できるだけ簡単に設置できるフェンスがいい』

 

『大がかりな工事はしたくない』

 

そんな方に人気なのがプランターが付いたタイプのフェンスです。

 

転倒防止策を講じる必要はありますが簡単に設置できる手軽さが支持されています。

ぽんと置くだけフェンス商品一覧

ぽんと置くだけフェンスの商品一覧

 

 

ぽんと置くだけフェンスを詳しく見る

 

 

隣家との境界にぽんと置くだけフェンスを置いた事例です。

 

しっかりと目隠しができています。

 

お庭にすっきり目隠し

 

ぽんと置くだけフェンス設置事例一覧

 

転倒防止のために既存のフェンスに括りつける場合は既存のフェンスが自分の所有物であるかきちんと確認しましょう。

 

 

♦しっかりと施工した方は埋め込みタイプのDIYフェンス


基礎石(フェンスブロック)、モルタル等を使って施工するフェンスも人気です。

 

『転倒が心配なのでしっかりと脚を埋め込んで施工したい』

 

『プランターがあると庭が狭くなってしまう』

 

そんな方におすすめのフェンスです。

 

DIYの目隠しフェンスで快適なお庭づくり

 

DIYフェンス設置事例一覧

 

 

DIYフェンスを詳しく見る

 

 

♦既存フェンスの上だけ目隠しできる上段DIYフェンス


『目線の高さの部分だけ隠れていれば十分』

 

『あまり閉鎖的にしたくない』

 

そんな方にぴったりなのが上だけ(上段)DIYフェンスです。

 

上だけ(上段)DIYコンフォートフェンス

 

上だけ(上段)DIYコンフォートフェンスを詳しく見る

 

 

目隠しフェンスをdiyで建てよう

 

 

♦隣家の境界に設置するフェンスの材質は?


『フェンスの材質は何を選ぼう』

 

『隣家の境界に設置したフェンスが腐ったら嫌だな』

 

材質でお悩みの方も多いのではないでしょうか。

 

フェンスは一度購入して設置すると気軽に違う物に変更というわけにはいきません。

 

材質の特徴やメリット・デメリットを理解して選びましょう。

 

ガーデンライフ彩のフェンスは樹脂製です。

 

 

樹脂フェンスのメリット・デメリットの記事はこちら

 

 

木製目隠しフェンスの特徴は?の記事はこちら

 

 

アルミ製目隠しフェンスの特徴は?の記事はこちら

 

 

これからフェンスを設置したいと思っている人はガーデンライフ彩の樹脂製オリジナル目隠しフェンスの購入をおすすめします。

 

サンプル請求

 

なぜガーデンライフ彩の樹脂製目隠しフェンスがおススメなのか?

 

ガーデンライフ彩の目隠しフェンスが選ばれている理由をまとめた紹介ページを作ってみました。

 

ガーデンライフ彩の目隠しフェンスが選ばれる5つの理由

 

 

□設置場所でフェンスの選び方も変わる


目隠しフェンスを設置したいと思っている人は増えています。

 

しかし実際に設置をすると言っても設置したい場所は隣家との境界だけとは限らず人それぞれ異なります。

 

設置場所でフェンスの選び方も変わるのでここでは設置場所で変わる選び方のポイントについて紹介します。

 

 

♦庭の目隠し


まず考えたいのが庭です。

 

隣家と近い場合、庭も見られることが多くなります。

 

人によっては見られても全く問題ないと思っている人もいますが、中には庭でゆっくりとベンチに座り寛いだり、休日にガーデニングをする人もいます。

 

こういった場合にはなるべく人の目を気にせずにゆっくりと過ごしたいと思っている人がほとんどです。

 

フェンスがないと隣家から丸見えの状態になってしまいますが、しっかりとフェンスを建てれば見られる心配も少なくなります。

 

特に自分だけのプライベート空間を作りたいと思っている人は、板幅が狭いものや完全に目隠しができるフェンスを用意してもいいでしょう。

 

ガーデンライフ彩の中でも目隠し効果の高いフルブラインドタイプです。

目隠し効果抜群のフルブラインド目隠し効果抜群のフルブラインドタイプ

 

設置する時は高さが低いと役割を果たせないことがあります。

 

できる限り人が立っても見ることができないような高さのものを選ぶことが大切です。

 

目隠しフェンスの高さ選びについての記事はこちら

 

 

目隠しフェンス設置事例一覧を見る

 

 

♦道路からの目隠し


次に道路からの目隠しについて考えましょう。

 

基本的に道路からは人の目を引くファザードと呼ばれているゾーンです。

 

人の目を一番引く場所とされている部分なのでただ単にフェンスを建てるのはあまりよくありません。

 

目隠しについてしっかりと考えることも大切ですが、人の目を引くポイントとなるのでデザイン性にもこだわるのがいいでしょう。

 

実際にフェンスには様々な種類が存在しています。

 

家のデザインに合うデザインやカラーを選ぶことが大切です。

 

DIYで設置する目隠しフェンス

DIYで設置する目隠しフェンス

 

いかがでしょうか。同じデザインでもカラーが違うだけで印象が大きく変わります。

 

 

かっこいい目隠しフェンスにこだわろうの記事はこちら

 

 

目隠しフェンス設置事例一覧を見る

 

 

♦風呂場の目隠し


3つ目はお風呂場です。

 

家の中でも特に外からの視線が気になる場所ですね。

 

基本的にお風呂場は曇りガラスになっていることがほとんどです。

 

なので窓を閉めている状態では問題ありませんが、窓を開ける場合や曇りガラスでない場合は視線をカットすることを考えなければなりません。

 

また曇りガラスでも夜間は浴室内のライトでシルエットが映り込んでいることもあります。

 

視線をカットするためにもフェンスは有効的な方法です。

 

特に道路に接する場合は外からの視線を完全にカットすることができるフェンスを設置することが効果的です。

 

しかし浴室の窓の位置が高すぎてフェンスを建てても意味がないという場合もあります。

 

そのような場合はフェンスに固執せずに違う目隠し方法を検討してみるのも良いでしょう。

 

<浴室・お風呂の窓の目隠しにオススメ!>

浴室の窓格子の目隠し スクリーンパネル

 

浴室・風呂場の窓の目隠しに!スクリーンパネルを詳しく見る

 

窓格子用の目隠しパネル設置事例一覧

 

 

□隣家との境界に設置する目隠しフェンスの選び方で注意したいポイント


目隠しフェンスは便利なアイテムの一つですが、選ぶときにはいくつか注意したい部分も存在しています。

 

ここではこれから購入を検討している方のためにも選び方の注意点について紹介します。

 

 

♦風通し


まず1つ目のポイントは通気性の事も考える事です。

 

目隠しフェンスは板幅が狭いことなどもあり、選び方を間違えると風通しが悪くなることがあります。

 

そのため選ぶときには周りからの目線を遮ることも重要ですが、風通しについても頭に入れておくと失敗することは少なくなります。

 

 

♦日当たり


また2つ目は日当たりについても考えましょう。

 

フェンスを建てる前はしっかりと自然の光を入れることができたけど、フェンスを建てたら暗くなってしまったという失敗もあり得ます。

 

どこに設置すれば光を遮らないかなどもチェックしてから選ぶようにしましょう。

 

 

♦トラブル防止


お隣さんがある日突然、背が高く隙間が無いフェンスを自分の家のとの境界に建てたら…

 

自分への拒絶感を感じたり、自分が何かしてしまったと気にしたりなど良く思われない事もあり得ます。

 

上で説明した風通しや日当たりは自分だけでなくお隣さんへの配慮も大切です。

 

フェンスを検討している事を事前に一声かけてトラブルにならないようにしたいですね。

 

『ガーデンライフ彩のフェンスをお隣さんから褒められた』

 

そんな嬉しいお声を頂いた事もあります。

 

お隣さんとはそんな関係でいたいものですね。

 

 

♦メリット・デメリットを把握する


目隠しフェンスを設置することで快適な空間を得ることができます。

 

しかし良い面だけということでは無いかもしれません。

 

目隠しフェンスを設置した後に後悔することが無い様にしっかりとメリット・デメリットを理解しておきましょう。

 

 

⇒目隠しフェンスのメリット・デメリット

 

 

⇒目隠しフェンス選びのポイント

 

 

樹脂製フェンスの無料サンプル

 


ぽんと置くだけフェンスを詳しく見る

⇒ぽんと置くだけフェンスを詳しく見る

 

⇒ぽんと置くだけフェンスの設置事例一覧を見る

 

 

DIYフェンスを詳しくみる

⇒DIYフェンスを詳しく見る

 

⇒DIYフェンスの設置事例一覧を見る

 

 

上だけ(上段)DIYコンフォートフェンス

上だけ(上段)DIYコンフォートフェンスを詳しく見る

 

 

ブロック用フェンスを詳しく見る

⇒ブロック上に設置するブロック用フェンスを詳しく見る

 

⇒ブロック上に設置するブロック用フェンスの設置事例一覧を見る

 

 

短脚パネルを詳しく見る

⇒既存フェンスに取り付ける短脚パネルを詳しく見る

 

⇒既存フェンスに後付けできる短脚パネルの設置事例一覧を見る

 

 

ぽんと置くだけラティス

⇒ぽんと置くだけラティスを詳しく見る

 

⇒ぽんと置くだけラティスの設置事例一覧を見る

 

 

選べる設置のラティスを詳しく見る

⇒設置方法が選べるラティスを見る

 

⇒設置方法が選べるラティスの設置事例一覧を見る

 

 

プロ仕様でリフォームにも最適な目隠しフェンス

⇒プロ仕様でリフォームにもピッタリ!ルーバータイプはこちら

 

 

プロ仕様でリフォームにも最適な木調樹脂スリットフェンス

⇒プロ仕様でリフォームにもピッタリ!スリットタイプはこちら

 

 

プロ仕様でリフォームにも最適な木調樹脂ラティスフェンス

⇒プロ仕様でリフォームにもピッタリ!ラティスタイプはこちら

 

 

樹脂製フェンスの無料サンプル

カテゴリ: 目隠しフェンス豆知識
UPDATE: 2020/04/08

カテゴリ一覧

月別アーカイブ


PAGE TOP