目隠しフェンスをAR、VRでイメージしてみよう

AR-VRでイメージしてみよう

AR(拡張現実)・VR(仮想現実)を使ってイメージしてみよう

ARでできること

ARは「拡張現実」のことで、スマートフォンやタブレットのカメラで見ている風景に、リアルにはないものを表示して、あたかも「そこにあるかのように」見せることです。

「ここにフェンスを設置したいけれど、どんな高さ、色、板間隔を選んだらいいの?」
そんな悩みに、もう少し設置イメージしやすいツールが「AR」になります。

※注意※
・パソコンではご利用できません。
・スマートフォン、タブレットでもAR動作条件を満たさない機種では動作できません。

VRでできること

VRは「仮想現実」のことで、バーチャルお庭を用意しました。好きな方向を見ることができます。

ドラッグして景色を回してください。
また、メニューをクリックしてフェンスが無い時や板間隔の違いをバーチャル体験してみてください。

1. ARでイメージしてみよう

【 ARの動作環境 】

AppleならiOS12以上、AndroidならARCore対応のスマートフォン、タブレットで動作します。

【 ARのはじめかた 】

表示したいフェンスの3Dアイコン3Dアイコンをクリックすると、ARの画面に変わります。

アイコンが表示されなければ、ARを使うことはできません。
また、アイコンをクリックして画面が切り替わっても、オブジェクト(フェンスの3Dモデル)のみ表示される場合はARに対応した機種ではありませんので、フェンスをいろいろな角度から見るツールとしてお楽しみください。

【 ARの操作方法 】

まず、地面を認識します。
画面の指示に従って、スマートフォンを動かし続けてください。
地面の認識ができるとフェンスが表示されます。

フェンスを移動する

操作方法1

画面内に表示されたフェンスに指を一本添えて動かしてください。
前後左右にフェンスを移動させられます。

フェンスの向きを変える

惣佐方法2

画面内に表示されたフェンスに指を二本添えて、ひねるように指を動かしてください。フェンスの向きを変えられます。
※注意※
指を広げたりすぼめたりすると拡大縮小してしまいます。100%が商品実寸大です。

ぽんと置くだけフェンス 板間隔1cm をARで見る

icon

ぽんと置くだけフェンス 板間隔3cm をARで見る

icon
PCでご覧の方は、こちらのQRコードを読むことでスマートフォンで現在のページをご覧いただけます。

2. VRでイメージしてみよう

【 VRの動作環境 】

パソコン、スマートフォン、タブレットなどでご覧になれます。

【 VRの操作方法 】

メニューで、before(施工前)、border(板間隔・目隠し具合)を変えられます。
outsideで屋外視点にすることもできます。

パソコンで見る

操作方法1

マウスの左を押したまま(ドラッグ)で「画面をつかんでいる」状態です。
上下左右に「風景をつかんで見渡す」ことができます。

スマートフォンで見る

惣佐方法2

スクロールで左右に風景を見回せます。
また、スマートフォンを持った手を動かしても見える景色がついてきます。

メニューをタップ、あるいは中央の〇をメニューにあてることで場面が切り替わります。

ぽんと置くだけフェンス をVRで見る

icon

既存フェンス・ベランダ用短脚パネル をVRで見る

icon

PAGE TOP