ウッドデッキと樹脂フェンスを組み合わせて

ガーデンライフコラム

Privacy policy

ウッドデッキと樹脂フェンスを組み合わせて

憧れのウッドデッキ


庭にウッドデッキを作るというのは、夢のある世界といえます。家の中からウッドデッキに出て、バーベキューをするというのは、マイホームを持っていれば考えたいところです。ですが、なかなかお手入れの問題もあったりと障害も多いのが問題でしょう。そこで、もっと楽に楽しむことができるように樹脂製のウッドデッキも出回るようになりました。もちろん、本物志向の人には、天然木は大人気です。いい香りもすることは確かで、耐久性を考えたらハードウッドを使って作るというのもいいでしょう。ですが、白アリの問題もありますし、加工がしにくいということも忘れてはいけません。そこで、樹脂製のウッドデッキを使うということも多くなっています。
樹脂製のウッドデッキは、すべてが樹脂というわけではなく、木の粉を混ぜて作って整形しているのが特徴です。木材の風合いを持っているのは、ここにポイントがありますが、木材特有の問題である腐食するということがありません。樹脂ですので、白アリの被害にあってしまうこともないのは、大きなメリットになるでしょう。湿気を吸わないということが重要ですが、そったりすることも少なく、紫外線劣化に対する耐性も考えて作られているところも重要です。傷もつきにくいことから、ささくれ立ってしまうこともありませんし、水洗いで汚れを落とすことができます。
非常に明るく作ることもできるため、部屋の中の採光ということも考えていくことができるでしょう。カラーバリエーションが豊富だからこそできることですが、魅力あふれる商品であることは間違いありません。

樹脂フェンスもうまく組み合わせて


ウッドデッキと共に使っていきたいものに、フェンスが挙げられるでしょう。周りを囲うことによって、プライバシーの保護に役立てることができます。リビングから直通にすると、どうしても部屋の中が見えてしまうことになってしまいます。そういった状態も、フェンスを使うことによって室内を見ることができないようにガードすることが可能です。ですが、ここでも天然素材はダメージの問題が出てしまうことになるのが問題です。風雨にさらされれば腐ってしまいますし、ぼろぼろになってしまう可能性があることから、樹脂フェンスを活用するという方法がポイントといえます。
樹脂フェンスは、耐候性を高めているところが特徴で、メンテナンスの問題も少なくて済むのはやはり重要でしょう。天然木のように見せることができますし、汚れれば水で流すだけで済んでしまいます。空間の演出もしやすくなり、すぐに取り付けられる加工性も大切です。実際にウッドフェンスにも近く見せることができ、金属製のように酸化することもありません。安っぽく見えるという欠点を指摘する人もいますが、現在の商品はそこまで違いがわからないように作られているため、メンテナンス性の良さもあって人気です。
実際に樹脂製のウッドデッキと組み合わせしやすく、違和感を出さないようにすることができます。同様のメンテナンスで利用することができるようになるため、こだわりの空間を作り出していくことができるようになるでしょう。高価なものもありましたが、現在では手ごろな値段のものも手に入りやすくなっているため、選択してみるというかたが多くなってきています。

樹脂製にすることのメリットの活用


樹脂製のウッドデッキや樹脂フェンスを使ってみると、実は非常に使いやすいことがわかります。普段は庭とリビングをつなぐ場所となってきますが、洗濯物を干したりする場合にも、拭き掃除だけで使えるようになるでしょう。天然木ではそうはいきません。色がついてしまったりする心配もいりませんので、普段の生活から利用用途が広がっていきます。
いつでも手軽に使うことができることから、読書をしたりくつろいだりする空間にできるのも大きなところです。樹脂フェンスも同時に使っていくことで、プライバシーを確保できるようになり、気兼ねなく使えるようになります。安全性の高さということからも、子供たちの遊び場にしてみるのもいいでしょう。ささくれ立って怪我をすることもありませんし、気になるときには拭き掃除をしてからにすれば問題ありません。清潔な空間としての利用ができるということは、大切な空間にすることができます。アウトドアリビングということでは、本格的に使える空間にすることができるでしょう。
実際の使い方としては、夏場などは、サンシェードの屋根をつけたりすれば、熱の問題も避けられます。夏の暑さはつらいものがありますので、どうしてもウッドデッキを使う機会が減ってしまいますが、これで心配することもなくなるのが利点です。デメリットであると指摘されていたことも、ほぼ改善されて使い勝手ははるかに高まっています。価格が抑えられるようになり、手軽に作り上げることができるようなったところも、これから先の主流になる要素が詰まっているといえるでしょう。

次の記事へ

  • ぽんと置くだけフェンス
  • ぽんと置くだけラティス
  • 本格DIYフェンス
  • ブロック上に設置フェンス
  • 既存フェンス・ベランダに取付
  • 選べる設置ラティス