エクステリアに使うウッドデッキの種類とポイント

ガーデンライフコラム

Privacy policy

エクステリアに使うウッドデッキの種類とポイント

ウッドデッキの種類


一戸建てのお家でもマンションでも、少しの庭があれば雰囲気が断然違ってきます。小さなプランターで自分の家で食べられる野菜を植えているお家もあります。園芸療法、という言葉もあるように外で少し作業をしたり、緑に触れることによって元気になったりさわやかな気持ちになったりするものです。ガーデニングといっても、あまり大げさではなく小さなガーデンでも十分日々の潤いのもとになってくれます。今回はガーデニングで使える目隠しなどのエクステリアのうち、ウッドデッキについて紹介します。
ウッドデッキは大きくわけて実際の木材を使っている天然素材と、樹脂素材や人工木でつくられる人工素材があります。天然素材は本当の木が素材なので、ずっしりとした存在感があります。もちろん表面を塗装しているため腐敗もある程度抑えることができます。ただ重量があるので誰でも簡単に組み立てるということは難しいこともあります。天然のものなので、色合いや雰囲気も様々です。個々の味わいが出てくる一方、組み立てる場所によっては風化が早い場合もあります。一度傷がついたり欠けたりすると、そこからささくれが始まるため、修復が困難という欠点もあります。
人工素材のウッドデッキは素材が樹脂やセメント、人工木といったものが多く実際の木材より軽く組み立てやすい設計となっています。色も様々です。風雨に強いので、一般家庭では人工素材のものが選ばれることが多くなっています。エクステリアとしても、様々なカタチを作ることが可能なのでバリエーションが多いのも特徴です。何年使っても色あせがほとんどないので、いつまでもきれいなままで使うことができます。壊れたとしても規格品が多いのでまた同じものを購入できます。

用途や手入れ方法


エクステリアに使われているウッドデッキの用途やカタチは色々です。庭の大きさや、どういった使い方をするのかによっても大きく使うものは変わってきます。
目隠し用ウッドデッキやラティスといったものは、隣のお家の間や道路側に設置して、外から庭が全面的に見えるのを防ぎます。ラティスの高さは様々な規格があります。どれくらいの高さで設置したいかによって自由に選ぶことができます。ラティスは格子型になっているものが多く、小さな鉢をひっかけて使ったり、つたの葉を絡ませたりするお家もあります。夏にはグリーンカーテンを作っているお家もあります。それだけでも庭が涼し気にキレイに見えます。
玄関から門扉までの間にも、エクステリアを使って庭を造ることができます。小さな鉢や石畳などを利用することもあれば、人工芝などを使って広々と歩けるように工夫するお家もあります。自分の庭の使い方により様々なエクステリアが考えられますが、誰が出入りするときも足元が安全であるように設計していくことが大切です。
ウッドデッキの手入れ方法ですが、天然の木材の場合は塗装などが時々必要な種類があります。ワックスをかけたりするとさらに光沢が増すものもあります。樹脂製などの人工素材なら、時折タオルなどで拭く程度でまたキレイになります。立派な庭ができても草花の手入れをしなかったり、エクステリアを放っておくならすぐに色あせしたり見栄えが悪くなったりします。そのため最近ではまずは簡単なエクステリア用品を使って庭をつくり、しばらく使ってみて、さらに手を加えたりフェンスを増やしていくという方法が一般的になっています。ユニット式のエクステリア用品が増えています。ラティスなどは多すぎても視界や太陽をさえぎってしまうため、庭にとって良いかどうかわからなくなってしまいます。ラティスが少なすぎても、目隠しの意味がなくなってしまいます。ちょうどよい数のフェンスやラティスを設置するためには、少し時間をかけることも必要でしょう。

ガーデニングの維持


見栄えのよいガーデニングを行うためには時間や労力がかかります。ウッドデッキのエクステリア用品も、ユニット式のものが増えています。ユニット式のエクステリアなら労力を最小限に抑えることができます。一つ一つのフェンスなどはそれほど大がかりではなく、女性でも持ち運びできる大きさになっています。いくつかを組み合わせると長く大きなフェンスになります。
フェンスだけではなく、様々な製品がユニット式になっています。どんな雰囲気になるか心配な場合は一つだけ購入して組み立ててみることもできます。ユニット式のものは組み立ても簡単にできるよう工夫されています。土台部分をドライバーなどを使って固定させるだけで良いものもあります。あまり複雑ではないので、イメージと異なるときは別のものを試すこともできます。
ガーデニングは何といっても完成させた後が大切です。エクステリアを使って庭を美しくしても手入れはさらに長期間必要です。だからこそ、最初に手間をかけすぎないことが長続きする秘訣かもしれません。

次の記事へ

  • ぽんと置くだけフェンス
  • ぽんと置くだけラティス
  • 本格DIYフェンス
  • ブロック上に設置フェンス
  • 既存フェンス・ベランダに取付
  • 選べる設置ラティス