エクステリアリフォームのポイント

ガーデンライフコラム

Privacy policy

エクステリアリフォームのポイント

エクステリアとは


エクステリアという言葉を聞いてそれを想像できる人はどれくらいいるでしょうか。あまり聞きなれない言葉ですが、インテリアの対義語だと言うと少しはイメージがつくのではないでしょうか。
インテリアというのは内装や室内装飾を意味します。その対義語ということはエクステリアは室外を意味します。現在はエクステリアについて専門性を高めた勉強をする専門学校まで存在しています。具体的にエクステリアとはどういったものでしょうか。例えば玄関までのアプローチが挙げられます。玄関までのアプローチというのは門から玄関まで歩く通路のことで、この通路が統一感を持っているとカッコよさが増します。門は家の顔になるもので材料や門を設置するスペースによって変わってきます。引き戸タイプもあれば、スライド式の門もあり材質も軽いアルミや、重いですが立派な印象を受ける鉄製など色々と選ぶことができます。
フェンスも家を構成する大切な要素です。不審者の侵入を防ぐ意味の防犯面でも、隣の家や道路から家の中を見られないようにするプライバシー管理の面でもフェンスは重要な役割を果たします。ウッドデッキもエクステリアの一種です。最近のウッドデッキは耐久性にも優れる素材を使用しており、リビングと繋がっていることも多いです。また、バーベキューテラスのように使用することもでき重宝されています。
このようにエクステリアはただ室外を意味するものではなく、家をおしゃれに演出するために必要なものになりつつあります。また、家が少し古くてもリフォームをすることで見違えるように綺麗に新しいイメージをつけることもできます。

エクステリアの種類


エクステリアにはオープンデザインとクローズデザインの2種類があります。オープンデザインはフェンスを設置しないで周りから見えるようにしてしまうことです。敷地面積が狭い家でフェンスまで作ってしまうと圧迫感を感じてしまうだけでなく、実際に使用できる面積も狭くなってしまいます。その一方、クローズデザインはフェンスを設置することを言います。フェンスで家の周囲を取り囲み、庭や1階部分を見えないようにする方法です。日本では昔からフェンスや生け垣・お堀などで周囲と区別する習慣があったのでクローズデザインの家は現在も多く存在します。
オープンデザインとクローズデザインの大きな違いはプライバシーの管理ができているかという点です。外から家の中で何をしているのか見えることを嫌う人は多いでしょう。クローズデザインでフェンスや生け垣の高さを取ることができると防犯性も向上します。ここでポイントなのはフェンスなどが1mや1.5mなど頑張れば乗り越えられる程度の高さだと逆に侵入者を周囲から隠す手助けをしてしまうということです。もし、防犯の意味でフェンスを設置しようと考えている人は高さや材質・地面に軽石を敷くなどといった対策が必要になってくるでしょう。
近年ではオープンデザインとクローズデザインの両方を取り入れたセミオープンデザインというのも流行ってきています。セミオープンデザインは部分部分で見えたり見えなかったりと工夫されていて、家を完全に隠すことがないので侵入者や不審者がいた場合でも外から見ることができます。リビングルームや寝室・お風呂などプライベート空間に関しては隠すこともできるので両デザインの良いところだけを合わせたのがセミオープンデザインです。

エクステリアのリフォーム


リフォームをする際に先ほど紹介した3つのデザインのどれを選ぶかは個人の好み次第になりますが、共通して大切なことは何点かあります。
まずは範囲を明確に決めておくことが必要です。敷地のどこにフェンスを設置するのか、どのような門を設置するのか、玄関までの動線をどのように引くのかといった点をあらかじめ決めておきましょう。施工会社もその点はプロなので、できるかできないか判断してくれます。どのように展開するのかは施工会社にある程度任せても構いませんが、どうせなら少しは自分の好みのプランを考えておくのもいいのではないでしょうか。
外から家がどのように見えるのか、外から見てどのようにすればおしゃれになるのかという点以外にも忘れてはいけないのは、家の中からどのように見えるのかという点です。窓から見えるエクステリアのバランスが悪いとせっかく外からの景観が良くても台無しになってしまいます。そして、もう一つ忘れてはいけないのが防犯性を少しは考えておくことです。リフォーム工事をする時は古くなったフェンスを壊すことになります。工事をしている間は家が丸見えの状態になってしまいます。この時に泥棒が下見をすることもあります。フェンスの高さが低すぎたり、逆に高すぎたりして全く見えないという状態では防犯性に疑問が出てきます。これも施工会社と相談し適度な高さに設定するようにしましょう。また、リフォーム前には工事をしやすいように事前に片付けをしておくことも大切です。

次の記事へ

  • ぽんと置くだけフェンス
  • ぽんと置くだけラティス
  • 本格DIYフェンス
  • ブロック上に設置フェンス
  • 既存フェンス・ベランダに取付
  • 選べる設置ラティス