フェンスも使ってナチュラルなガーデニングを楽しむ

ガーデンライフコラム

Privacy policy

フェンスも使ってナチュラルなガーデニングを楽しむ

自然を演出していくナチュラルガーデニング


ガーデニングは、非常に人気が高まりました。さまざまな画像や動画までアップされるようになり、SNSでも盛んに情報交換がされるようになってきたのは、ご存知の方も多いでしょう。ナチュラルな姿を作り出していくのもひとつのブームになりました。自然を意味するナチュラルというのは、天然にありそうな状態を作るという意味もあります。飾りつけなども最小限に抑え、自然な雰囲気を作り出していく方法です。そこに、庭であるガーデンを結び付けた言葉なのであり、いかにそうした雰囲気を作っていくかということがポイントとなるでしょう。
ナチュラルな雰囲気を出すということは、意外と難しいことです。グリーンを集めれば自然な雰囲気を出すことができるわけではないでしょう。大自然を目指すのか、それとも近くの野山なのか、そのイメージによっても違いが出てくるはずです。そこに合わせていくということは、とても大変ですが、でき上がっていけば、美しい光景を作っていけるでしょう。植物を見ることによって、安心できる時間も作り出せますし、目にも優しくなります。野山に生えるようなハーブを組み合わせていくことで、実際に使うことができるガーデンにすることもできるのですから、その幅の広さは無限にあるといっていいでしょう。
実際にハーブを使ってナチュラルさを引き出していったとしても、その種類は膨大です。癒やしの効果を期待することもできますし、その時に合った花を楽しむこともできます。強い植物も多くあるため、初心者でも安心して育てることができるのですから、ナチュラルということでもぴったりです。

限られた空間でもナチュラルに


ガーデニングということで考えていくと、さまざまな場所に作ることができるでしょう。庭に作るというのもひとつではありますが、それだけではありません。広い庭がなくても、十分にナチュラルガーデニングを楽しむことはできます。そのためには、さまざまな工夫をしていかなければいけません。例えば、ベランダに作るとするのであれば、かなり限られた空間になります。その空間の中で広がりを見せていくためには、フェンスなども利用していくことが必要です。限られた空間しかないのですから、広がりを見せるために立体化させていきます。
プランターを使ったりして床に置くのは簡単ですが、それで終わってしまえばナチュラルな感じを演出することはできません。下にはすのこなどをつかってウッド調を出していくのもいいでしょう。コンクリートや防水加工は、非常に無機質なので、隠すことも考えながら工夫します。フェンスも荒目のものを使えば、風も抜けていくことになるので、あおられて飛んでいってしまうようなことも防ぐことが可能です。プランター付きフェンスなどもいいでしょう。90度に展開させるだけが使い方ではありません。既存のフェンスに縛り付けたりする方法を採り、プランターが重りになれば、かなり安心です。
ただし、気を付けなければいけないのは日当たりでしょう。フェンスで半日陰になってしまうようなことも起きますので、こうした状況でも強い植物を植えていくことが必要です。ハーブなどを使っていけば、窓を開ければプチ家庭菜園てきな使い方もできますので、条件をよく考え選んでいくといいでしょう。

ガーデニングに活用できるフェンスやラック


玄関にガーデニングを活用する方法は、広い家でも、庭がない環境でも利用することができるでしょう。玄関は毎日出入りするところですから、うまく活用することが大切です。家にとって顔ともなる部分ですが、ナチュラルガーデニングを進めるにあたって、統一感を考えていきましょう。大きなものはなかなか置けませんし、日当たりにも向きによっては強くない場合もあります。ですが、苔をうまく使ったりしながら、自然な雰囲気を出していくことができれば、これも立派なガーデニングです。フェンスも使っていくことができれば、思っている以上に広く使うことができます。どうしても暗くなる場所などには、明るいカラーを選ぶといいでしょう。
こうした空間を演出していくことを考えると、できるだけ落ち着いた雰囲気を作り出すことがポイントになっていきます。プランター付きフェンスは非常に活用の幅の広いものです。フェンス自体も目隠し効果を活用することができますし、防音にも役立てます。視線を遮ることができるため、防犯ということにも一定の役割を果たすことは確かです。ベランダに活用すると、大きな効果を上げることができるでしょう。活用方法も簡単なため、グリーンカーテンを作り出したり、ベランダ菜園にすることもできます。
ラックも重要な道具です。ラックを使うことで、限られたスペースも広げていくことができます。玄関やベランダでも空間に広がりを見せることができる方法ですので、効率的に進める計画を立てることが可能です。もしも、日当たりが悪いといったことがあるのであれば、小物入れにしてみるのもいいでしょう。ガーデニングの道具をひとまとめにできるため便利です。

次の記事へ

  • ぽんと置くだけフェンス
  • ぽんと置くだけラティス
  • 本格DIYフェンス
  • ブロック上に設置フェンス
  • 既存フェンス・ベランダに取付
  • 選べる設置ラティス