庭に人工芝を敷くことでこんなメリットが!

ガーデンライフコラム

Privacy policy

庭に人工芝を敷くことでこんなメリットが!

庭に人工芝を敷くメリット



快適な庭を造るためには、自分自身でできるハンドメイドを取り入れる事が大切です。そのなかでも人気が高いものが、人工芝です。人工的に作られた芝のことを指しますが、これは何かとメリットがあるため、おすすめのハンドメイドです。

まず、メリットの一つとして見た目が色鮮やかで、非常に心地良いことが挙げられます。全く何も敷かれていないコンクリートや地面であれば、どうしても地味な印象になりがちですが、緑があることで、暖かみのある印象を与えます。アットホームな雰囲気をつくれるほか、手軽におしゃれな雰囲気をつくる事ができるのがメリットと言えます。

次に、寝心地です。何も敷かれていない地面とは異なり、寝転がっても問題はないため、お子さんを遊ばせる際にもピッタリと言えるでしょう。寝転がる事もできる分、休日ゆったりと、お昼寝をするという方も少なくありません。見た目に鮮やかなだけではなく、快適に過ごせるという部分が大きな特徴になります。

そして、敷いておくことで何かと安心安全という点です。地面やコンクリートむき出しの状態とは異なり、有る程度クッションのような役割を果たしてくれるため、転んでもケガが悪化しにくい点が大きなメリットでしょう。走り回る事が多い小さなお子さんがいる家庭の場合は特に、重要なポイントと言えます。

このように、見た目にもよく、色鮮やかで、ケガ防止にもなるという点が、人工芝を敷くメリットとなります。ハンドメイドの中でもハードルが低く、誰でも挑戦することができる、気軽に楽しめるタイプといえるでしょう。金額もそれほど高くない商品が多いため、財布に負担をかけることなくトライすることができます。



人工芝だからこそのメリット



庭に本物の芝を植えるのも魅力的ですが、お手入れの部分などを考えると、人工芝の方がメリットが多いです。例えば、人工芝にはこのようなメリットがあります。

まず、お手入れが簡単な点です。本物の芝の場合は、地面に植えたり、枯れないように肥料やお水を与えたりなど、手間暇をかけて育てていく必要があります。しかし、人工タイプはあくまで人工であるため、パネルなどをおくだけでOKです。育てる手間もなく、設置した瞬間から快適な芝ライフを楽しむことができます。

次に、衛生的という点です。リアルな芝だとどうしても虫などの生き物が集まりやすく、不衛生になりがちです。しかし、人工的なタイプであればお手入れも簡単で、非常にクリーンな環境で過ごす事ができるでしょう。取り外しも自由であるため、一度取り外して芝本体を洗える他、地面を掃除することができるという点もうれしいポイントです。

そして、クッションになりやすいという点です。通常の芝とは違い、クッション性を兼ね備えた、ボリュームのあるタイプを販売している所も多く、寝心地が良い商品も多く販売されています。これは商品によっても異なりますが、芝の上で寝転がりたいという方にとって、人工タイプは特におすすめと言えます。

このように、人工芝を庭に敷くからこそ得られるメリットも多く、お手入れの面、衛生面などを考えても、何かと便利に活用できるでしょう。枯れる心配も無く、本体が古くなったら新しいものを取り換えることもできるため、扱いやすい点が魅力として知られています。



人工芝選びのポイント



このように、人工芝だからこそのメリットは非常に多く、実際に庭に敷くとなったときに、取り扱いも非常に便利な点が特徴です。しかし、人工タイプも物によって質が異なるため、どれでも良いという訳ではありません。商品選びをきちんとして、納得の効果を得られる商品を選ぶことが大切です。芝を選ぶ際には、このようなポイントに注目しましょう。

まずは、商品の取り扱いやすさ、クッション性です。実際に庭に敷くときの事を考えて、使いやすいかどうか、お手入れがしやすいかどうかを考えた上で商品選びをしましょう。寝転がったときにチクチクとしないかどうか、クッション性があるかどうかなども重要なポイントとなります。商品によってこの部分は質の違いが顕著に表れることが多いため、十分注意が必要です。

次に、見た目です。人工タイプの難点は、あまりにも緑が色鮮やかすぎる、不自然なテカリがあるという点ですが、商品によっては本物と見分けが付かないような、自然なタイプも多くあります。見た目をよくチェックした上で、太陽光に当たっても不自然では無いかどうかをよく確認した方が良いです。テカリがあまりにもあるという場合は、太陽光の下で見てみると余計に不自然さが際立つことがあるため、しっかりと確認する必要があります。

このように、見た目と中身を照らし合わせた上で、後は値段をチェックして、それぞれの商品を比較してみましょう。あまりにも値段が高すぎると大量購入が難しくなるため、注意が必要です。商品の質、値段はピンキリであるため、よく比較をした上で購入する商品を決めるようにすると良いです。

次の記事へ

  • ぽんと置くだけフェンス
  • ぽんと置くだけラティス
  • 本格DIYフェンス
  • ブロック上に設置フェンス
  • 既存フェンス・ベランダに取付
  • 選べる設置ラティス