樹脂フェンスのブロックをもっと素敵に活用しよう

ガーデンライフコラム

Privacy policy

樹脂フェンスのブロックをもっと素敵に活用しよう

DIYにも楽しく活用できる樹脂フェンス


住宅の目隠し、またお庭を囲んだりする用途で利用するフェンスはさまざまなものがあります。木製のものを利用している方も多いのですが、木製はメンテナンスが大変です。雨風にさらされることで色落ちしたり、どうしても防水加工がとれて経年劣化をしやすいので、途中防水加工を施したり塗装をやり直したりするなど、キレイに保ちたいと思うほど、メンテナンスに気を配る必要があります。
しかし樹脂フェンスなら安心です。住宅の外構やエクステリアとして利用する方も多くなっており、雨風に強く経年劣化をする度合いも少ないので、メンテナンスのスパンが短くなります。またそれほど高い物でもないので、ある程度の年数が経ったらイメージチェンジも含めて別のものに変えてしまえば、また新しいイメージの住宅外構や庭が造れます。
最近はDIYが流行していて、住宅の内部、トイレに棚を作ったり、簡単な机を作る等、女性の方でも楽しんでいる人が多くなっていますが、DIYをするにしてもそれほど手間がかからず、簡単に女性でも組み立てられるものが多いので、樹脂フェンスは楽しめます。例えば家の外構やコンクリートブロックの上にこれを利用し、外に向けてお花が見えるように設置をすれば、とても美しい外構になります。
庭の中で利用をするなら置くだけでいいフェンスもあるので、サッと設置をしてガーデニングを楽しむということもできますし、庭のイメージを変える仕切りとして活用することもできます。ブロックの上に設置するだけで施工できるものも多いので、DIY初心者の方も楽に設置ができ、人気があります。
住宅を美しくいつもきれいにしておくと気持ちがいいものですし、お子さんたちなどがいれば一緒に作業を楽しんでもよいでしょう。さまざまな種類がありますので、自分の家に似合う物をチョイスし、ちょっとDIYを楽しんでみるのもおすすめです。

お庭を美しく演出する置くだけフェンスも魅力的


不器用でDIYには興味がない、面倒な作業をしないで庭の雰囲気を変えたいと思う時、非常に便利なグッズとなるのが樹脂フェンスです。ドライバーで金具を付けるという作業のみで簡単設置ができるので、女性が作業する時にもほとんど手間いらずで楽に作業ができます。
樹脂フェンスによってはほとんど組み上がっている状態で届くので、後は金具を付けて設置する場所を選ぶだけというものです。木製のものも味がありますが、雨や風にさらされることで格子が腐食したり、ひび割れが起こる、また変色などの経年劣化が生じます。しかし樹脂の場合、ひび割れ、破損等も起きにくく、ペンキの塗り替えをしなければ腐るということもないので、面倒くさがりの方にもピッタリです。
プランターボックスなどを利用すればお花を寄せ植えしたりできますし、蓋を取りつけることでお子さんの砂遊びセットなどのおもちゃを簡単に収納でき、庭の見た目がとてもよくなります。お客さまが来たときにも、このボックスの中におもちゃや園芸グッズを素早く入れれば、庭がごちゃごちゃしたイメージになりません。この他にも隣の家との境界としてブロックなどがある場合に、隣の家から見えないように目隠しフェンスとして利用できる樹脂フェンスもあります。こうしたものを利用することで、プライバシーを守ることができますし、そこにお花などを添えることで、季節感のある美しい庭を演出することもできます。
職人さんを呼び工事をしてもらうとそれなりの費用が掛かりますが、DIYができる樹脂フェンスなら既存ブロックへ簡単に設置ができるので、費用も少なく楽々と作業ができます。

コンクリートブロックに置くだけで境界フェンスのできあがり


住宅を建築するときに、外構部分にまで予算をかけられれば、境界部分に設置しているコンクリートブロックの上にフェンスを設置するなども考えることができますが、予算がないと隣の家との境界にコンクリートブロックを設置するのみでそのままになっているということもあります。
でも暮らし始めてみればやはり隣の家から丸見えという状態は、どんなに仲良くなっていても複雑なものですし、特に窓がお互いにあるという状態ならより一層目隠しとして欲しくなるでしょう。これから建築会社に依頼をして工事するということでもいいのですが、やはり職人さんに依頼すればそれなりの金額がかかります。
しかしコンクリートブロックの上に楽々設置できる樹脂フェンスを自分で取りつけるということなら、材料代だけで簡単に設置ができます。予算をそれほどかけずに住宅の悩みを解決できるので、こうした樹脂フェンスの設置を考えてみるといいでしょう。メーカーによって多種多様なデザイン、カラー、質感やサイズがあり、どのような見た目にするか、楽しく選ぶことができます。また木製とは違い腐食などが出てくることも少なく、ひび割れも少ないので、メンテナンスフリーで利用できるという利点もあります。
しっかり目隠ししたいというご家庭にはボーダーの板間隔が狭い物を、開放感があるタイプを選択したいという場合は、ボーダーの板間隔が広めのものを選択するのが適切です。洋風なイメージにしたいという場合には、アメリカンスタイルの樹脂フェンスなど、スタイルも豊富なので、住宅のイメージ、ご家族の好みで選択でき、DIYでの設置も可能です。楽しくイメージチェンジをすることができるでしょう。

次の記事へ

  • ぽんと置くだけフェンス
  • ぽんと置くだけラティス
  • 本格DIYフェンス
  • ブロック上に設置フェンス
  • 既存フェンス・ベランダに取付
  • 選べる設置ラティス