目隠しフェンスの施工例や選び方のポイント

ガーデンライフコラム

Privacy policy

目隠しフェンスの施工例や選び方のポイント

目隠しフェンスの施工例について



一軒家で暮らしているご家庭も多いですが、そのご家庭の中には家の前の通行人や近隣に住む方の視線が気になる人も少なくないでしょう。そのようなご家族は現在、目隠しフェンスを導入している家も多いです。目隠しフェンスは様々な場所に施工することができるので、施工例を確認しておくと、設置場所を決める時に参考にできます。施工例としては浴室の前です。浴室は基本的に身体を洗ったり、入浴をする場所になるため、裸の状態で過ごす人が一般的です。浴室には通常、窓が設置されていて換気することができますが、浴室の前に通行人などがいると裸の状態で過ごしているため目線が気になる人も少なくありません。浴室の前に施工してもらうことで通行人も浴室が見えづらい状態になるので、目線を気にすることなく入浴できます。

その他の施工例としてはリビングの前です。リビングは家族が集まり、ソファーでテレビを見たりして寛ぐ空間になります。そのため、周囲の人にあまり見られたくないと考える人も少なくないでしょう。リビングの前に設置することで、周囲の目を気にすることなくリビングで家族と一緒に寛ぐことができます。また庭に施工するご家族も少なくありません。例えば住宅街などでは家が複数建つところもあるので、隣の家との間隔が少ないところもあります。庭では様々なことを行うご家庭が多いです。例えば夏の季節には土から多くの雑草が生えてくるところも少なくありません。雑草を放置しておくと見栄えが悪くなるため、定期的に草むしりをしなければならないところも多いです。もし草むしりをしている最中に隣の人も庭で何かの作業をしている時に目線が気になる人も少なくないでしょう。

また、隣の家の人だけでなく家の前が道路であることが多いので、道路に人が通れば草むしりをしている姿を見られるため、目線が気になることもあります。通行人が多い道路に並行して設置したり、隣の家との仕切りとして設置をすれば目線を気にしなくても済むため、メリットを感じる人も少なくないでしょう。実際に塀が設置しているご家庭も多いですが、泥棒対策のために低い塀を設置した方もいます。低い塀は目隠しにならないため、塀の継ぎ足しとして目隠しフェンスを設置するご家庭もあります。このように多くの施工例があるので、まだ設置する場所が具体的に決まっていない方は施工例を参考にして自分の家で目隠しフェンスを設置する場所を決定しましょう。



目隠しフェンスの選び方のポイント



目隠しフェンスは販売店や通販サイトで購入できますが、取り扱う種類が多いので選び方のポイントを紹介します。

選び方のポイントとして、高さがあります。基本的に高さの選択はそれぞれのご家庭で異なりますが、あまりにも低すぎると目隠しの役割をすることができないので、高さを決める時は予めメジャーなどを使用してどのぐらいの高さが必要なのかを把握しておきます。その他の選び方のポイントは圧迫感がないものを選択することになります。もし圧迫をたくさん感じてしまう目隠しフェンスを選択すると敷地が狭く感じられることもあり、快適に過ごせない住宅となるケースもあります。圧迫感を少なくするために目の高さのサイズを選択するなどの対策を挙げることができます。

風通しを考えて選択することも選び方のポイントになります。風通しが悪いと風が住宅の中に入りにくい状態になります。そのため、風通しが考慮されているものを選ぶ方も多いです。実際に目隠しフェンスの中には隙間が設けられているものが多く、網目状のものも販売されています。さらに耐久性も選び方のポイントの一つになります。実際に目隠しフェンスは庭に設置されるため、雨や風、日光に晒されることになります。そのため、耐久性が低いとその分、買い換えのリスクなども高まる可能性があります。

設置する場所で商品を選択することも選び方のポイントになります。実際に目隠しフェンスには一般家庭用のものだけでなく業者向けの商品も販売されているので、設置する場所を考えて選択しましょう。



目隠しフェンスを購入する業者の選び方のポイント



通販サイトでの購入を考えるご家庭も少なくないでしょう。商品だけでなく通販サイトにも選び方のポイントがあります。まず提案や相談などを受けられるかどうかです。実際にご家庭の中には初めて目隠しフェンスを設置するという人も少なくないでしょう。設置する時にはどのような商品が自分の住宅に適しているのかなどを相談したいという方も多いです。通販サイトの中には問い合わせを電話でできるところもあるので、電話からお庭の悩み事を相談して不安を少なくして設置することができます。

その他のポイントは価格です。実際に価格は使われている素材などによっても異なりますが、通販サイトの間で値段に差が生まれることもあります。それぞれの通販サイトで値段の比較をしてお得に購入できるところを選択するようにしましょう。

次の記事へ

  • ぽんと置くだけフェンス
  • ぽんと置くだけラティス
  • 本格DIYフェンス
  • ブロック上に設置フェンス
  • 既存フェンス・ベランダに取付
  • 選べる設置ラティス