目隠しフェンスの選び方のご提案

目隠しフェンスをお考えのあなたへ・・・最適なフェンスをご提案します!

目隠しフェンス

なぜ「目隠しフェンス」なのか。

目隠しフェンスの目的はプライバシーの確保です。
近隣や通行人の視線を感じるストレスを無くして、家族のプライバシーを守り、快適に暮らせるプライベート空間を作ることができます。

目隠しフェンスは外から見られたくない場所だけにピンポイントで作ることができます。
大がかりな工事をせずに敷地の一部だけに作っても違和感はありません。

こんな悩みの方いらっしゃいませんか。

  • ・ご近所さんからの視線が気になってしまうけれど、まさか覗かないで!なんて言えないし。
    プライベート空間のはずが落ち着かない…
  • ・ちょっと目隠しできたらという場所はあるけれど業者に頼むほどでもない。
  • ・リビングが道路から丸見え。通行人の視線が気になって一日中カーテンを閉めっぱなし。
    本当は網戸だけにしたい日もあるのに…
  • ・家を買った時は周りに何もなかったのに隣に家が建ち始めた。
    必要な場所に必要な分だけ目隠しがしたい…
  • ・目隠しフェンスが欲しいけど木製と樹脂製どっちにしよう…

ガーデンライフ彩はそんなお悩みを解決します。
ガーデンライフ彩ならしっかり目隠しできるフェンスや隙間が広いフェンスまで豊富な品揃えから最適の目隠しフェンスをお選びいただけます。

目隠しフェンス選びのアドバイス

STEP1:目隠しフェンスの素材を決める

フェンスには樹脂製、木製、アルミ製など様々な材質があります。

それぞれに特徴があるので自分に合った素材を選びましょう。

樹脂製には腐らない、色褪せしにくい、メンテナンスが楽などメリットがたくさんありお勧めです。

詳しくはこちら→樹脂フェンスのメリット・デメリット

STEP2:フェンスの高さを決める。

目隠しフェンスの高さはフェンス選びの中でも重要なポイントです。
目隠しフェンスを設置しようとした理由を考えると必要な高さも決まりやすいでしょう。

一般的には、180cmあれば通行人に対しての目隠しが可能とされています。

しかし敷地の高さなどの条件で必要な高さは変わりますし、風通しや日当たりなど総合的にしっかりと検討することが必要です。

「せっかく目隠しフェンスを設置しても高さが足りずに意味がなかった」
必要以上の高さを選んで圧迫感を感じてしまう。」

そんな失敗をしないように適切な高さを選ぶためのポイントを紹介します。

ポイント1 誰がどこにいるとき

目線の高さは身長によって異なります。

フェンスの高さを考える

身長が同じであってもいる場所や姿勢によって異なります。
「立っているとき」「ソファーに座っているとき」「デッキでくつろいでいるとき」などなど。

また庭とリビングなどの室内では高低差があります。

このように誰がどこにいる時に目隠しフェンスが必要かを知ることが重要です。

ポイント2 何処から(誰から)

誰がどこにいる時か明確になったら、どこから(誰から)の視線を遮りたいかを明確にしましょう。

どこの目隠し

1.リビング

リビングにいるとき目隠ししたい

リビングでくつろいでいるところが、見えていたらどうしよう?
わざわざ見てもいないと思うけれど気になります。

2.テラスやデッキ

デッキにいるとき目隠ししたい

通りを歩く人から丸見えではないけれど、やっぱり見えたら嫌だなと思うことありますよね。

3.庭

デッキにいるとき目隠ししたい

せっかく気持ちのいいお庭を作ったのに、プライベートスペースという具合にはいかなくて。

4.人通りがある

デッキにいるとき目隠ししたい

小さな窓だから、見えたりしないよね、と思いながら目が合っちゃいました!!
覗いていたわけではないのだけど、お互いに気まずくなったり。

上記は一例ですが、一度外からどのように見えているかを客観的に見ることで、必要な高さや幅(フェンスの枚数)が解りやすくなるでしょう。
室内と道路では高低差があるのでその分を考慮しましょう。

STEP3:デザインや板間隔を決める

目隠しフェンスはエクステリアの一部なので見た目も重視したいものです。
ガーデンライフ彩であればデザイン豊富にそろえているのでお気に入りのフェンスを見つけることができるはずです。

ポイント1 板間隔を決める

目隠しすることを重視しすぎて圧迫感でストレスを感じたら本末転倒です。
日々の生活で圧迫感を感じない、風通しなども考慮が必要です。

しっかりと目隠しできることも重要ですが防犯面の対策も重要です。
隠しすぎると見通しが悪くなり向こう側に人がいるかわかりにくくなります。
もし侵入されたときに死角にならないようにする点も考慮が必要です。

ガーデンライフ彩ならしっかり目隠しできるフェンスはもちろん、防犯面が心配な方も安心の隙間が広い目隠しがあります。

ポイント2 デザインを決める

”しっかり目隠し”なフェンスデザイン ※ブロック用と短脚パネルは「ボーダー板間隔1cm」のみです。

フルブラインド、ウェーブは空気の通り道を残しながら、見え具合は「板間隔0cm」の隙間が見えないタイプです。

板間隔1cmでも「フェンスにぴったりくっついて覗く」ようにしなければ見えないくらいの目隠し度合いです。

背が高いフェンスほど「壁のよう」「風のあおりを受けやすい」デメリットもあります。

しっかり目隠しフェンスのデザイン

”ちょっと目隠し”なフェンスデザイン※ブロック用と短脚パネルは「ボーダー板間隔3cm」のみです。

「視界を遮るもの」があるだけで、人はその「遮るもの」に焦点をあわせてしまい、隙間から見える遠くを見ることは意外と困難になります。

完全に身を隠すことはできない「ちょっと目隠し」は、防犯面でも最適と言えます。

ちょっと目隠しフェンスのデザイン

STEP4:どこにどれだけ

目隠しをしたい部分ピンポイントで最低限の設置をするか。

まとめて囲う様に設置して落ち着く空間を作るか。

お庭を全て目隠しフェンスで囲ってしまうとお隣さんに良くない印象をもたれてしまうかもしれませんので注意しましょう。
また設置する前に一声かけるのもいいですね。

STEP5:フェンスのカラーを選びましょう。

設置したら家の雰囲気と全然合っていない…
そんな事にならないようにお宅に合ったフェンスを選びましょう。

ガーデンライフ彩なら豊富なデザイン、カラーが揃っています。

無料カラーサンプルはこちら

転倒防止対策は重要です。

どのタイプの目隠しフェンスも転倒防止対策は重要です。
せっかく設置したのに転倒してしまったということがないよう転倒防止対策は十分に実施してください。

ガーデンライフ彩の目隠しフェンスの特徴は

ガーデンライフ彩の目隠しフェンスは国内自社工場で生産している日本製の樹脂製フェンスです。
せっかく設置したフェンスでも1年で腐ったり、変色したり、ささくれたり・・・
樹脂製の目隠しフェンスであればそんな心配はいりません。

   

ガーデンライフ彩の目隠しフェンス【 選ばれる5つの理由 】はこちら »

目隠しフェンスの価格は?

1台1万円台から2万円台が中心です。
木製に比べると値段が高いと思われがちですが、メンテナンスの手間や塗り替え、買い替えの費用を考えたら経済的に目隠しフェンスが設置できます。

目隠しフェンスはどんな場所に設置できるの?

ガーデンライフ彩は目隠しフェンスを設置したい方のいろいろな状況にお応えできるように、様々な場所に設置できる目隠しフェンスをご用意しております。

庭や境界線に広いスペースがあり手軽に設置したい

ぽんと置くだけフェンス施工例1”気になるところだけ”
ぽんと置くだけフェンス施工例2”お隣の窓が正面なので"

お庭でくつろいだり遊んだりしている姿を他人にみられたくないですよね。

お庭の目隠しやご近所さんの視線が気になるワンポイントだけに設置することができます。

埋め込みでないので後から設置場所を変える事もできちゃいます。
緑の多いお庭にも木目調なら馴染みます。

ぽんと置くだけフェンスがオススメです

ぽんと置くだけフェンス一覧を見る

ぽんと置くだけフェンス施工事例を見る

庭や境界線にあまりスペースを使わず設置したい

本格DIYフェンス

ぽんと置くだけフェンスがいいなと思ったけど都市部の住宅で敷地が狭くプランターボックスがあると邪魔になる...

脚を埋め込むタイプのフェンスなら省スペースで設置できます。

DIYフェンスがオススメです

DIYフェンス一覧を見る

DIYフェンス施工事例を見る

境界線のコンクリートブロックに設置したい

ブロック上せフェンス施工前【施工前】
ブロック上フェンス施工後【施工後】

境界線に目隠しフェンスがあるとお隣さんの視線も気にならず快適に過ごせます。

隣地との境界線にコンクリートブロックはあるけれどあくまで境界線の印。

それでも大丈夫。
ガーデンライフ彩はコンクリートブロックをそのまま活用した目隠しフェンスをご用意しています。

ブロック用フェンスがオススメです

ブロック用フェンス一覧を見る

ブロック用フェンス施工事例を見る

既存のメッシュフェンスに設置したい

短脚パネル施工前【施工前】
短脚パネル施工後【施工後】

土地の境界線はメッシュフェンスで囲われている...

メッシュフェンスではお隣さんや道路から中は丸見えですよね。

既存のメッシュフェンスを撤去しないと目隠しフェンスはつけられない?

ご安心ください。
ガーデンライフ彩はメッシュフェンスに取り付けができるパネルタイプのフェンスをご用意しております。

もちろん目隠ししたい場所ピンポイントで手軽に設置できます。

短脚パネルがオススメです

短脚パネル一覧を見る

短脚パネル施工事例を見る

無料カラーサンプルはこちら

ガーデンライフ彩の目隠しフェンスを選ぶ

ラティスでもちょっとした目隠しできますよね。
さらにつるなど植物を絡ませれば日差しを遮る自然いっぱいの目隠しにもなります。

ガーデンライフ彩ではラティスも販売しております。

無料カラーサンプルはこちら

ガーデンライフ彩では、浴室・風呂場におすすめの窓格子用の目隠しパネルも販売を始めました。

よく読まれているブログ記事

樹脂製フェンスのメリット・デメリット

目隠しフェンスのメリット・デメリット

目隠しフェンスの高さ選びについて

目隠しフェンスの板間隔の選び方

目隠しフェンスをDIYで建てよう

お庭作りのケース別手引き

最近流行りの目隠しフェンス。
あったらいいなを実現する、理想のお庭作り完成までの手引きをご用意致しました。

目隠しフェンスイメージどうして目隠しフェンスが欲しくなりましたか?

女性A様の場合

私の家の庭はお隣の玄関から丸見え…
リラックスできるはずの庭がお隣の出入りがあり落ち着かず、最近ではお隣の視線が気になり庭に出なくなってしまいました。
庭で周囲の視線を気にせずリラックスできるようにするにはどうしたらいいか悩んでいる時に、目隠しフェンスが欲しくなりました。
でも大がかりな工事はしたくないんです。

男性B様の場合

わたくしは妻と子供の3人暮らし。念願のマイホーム探しを始めました。通勤を考えると郊外よりもできるだけ都市部に近い方がいい。
でも実際に都市部の分譲地に行ってみると家がみっちり建っていて隣の家の近さにびっくり。
みなさんどうしているのだろう・・・と思ったとき、おしゃれな目隠しフェンスがあちこち飾ってあることに気が付き、家と同時に欲しくなりました。

           
女性男性目隠しフェンスを建てるには?

あったらいいな、と思うけれど、実際は何からはじめていいのか・・・。

営業A様へご提案

弊社がご提案したいのは「ぽんと置くだけフェンス」です。こちらなら大掛かりな工事も道具も必要ありません。簡単にプライベート空間を確保できます。
さらにプランターボックスが付いているので、お花を植えたり家庭菜園をしたりできるので、お庭に出るのがさらに楽しくなりますよ。

ぽんと置くだけフェンス特集はこちら

B様へご提案

弊社がおすすめしたいのは「DIYフェンス」です。広い敷地が無くても省スペースで設置していただけます。これまで多くの工務店様にも愛用していただいているので、プロも納得の目隠しフェンスでございます。
デザイン、カラーが豊富なのできっと素敵なお家にもよく馴染み、エクステリアとしてもバッチリです。

DIYフェンス特集はこちら

PAGE TOP