【ぽんと置くだけフェンス】のよくある質問

【ぽんと置くだけフェンス】のよくある質問

□【ぽんと置くだけフェンス】をご検討中でお悩みの方へ

 

ぽんと置くだけフェンスはプランターがついたタイプのフェンスで設置が簡単なことで人気のフェンスです。

 

またデザインの豊富さも支持されている理由です。

 

『魅力的だけど聞きたいことがたくさんある』

 

そんな方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

決して安いお買い物ではないので納得してから買いたいですよね。

 

そこで【ぽんと置くだけフェンス】をご検討中の方のお悩み解決に少しでも役に立てるような情報を紹介したいと思います。

 

 

□ぽんと置くだけフェンスについて【よくある質問】

 

今回はぽんと置くだけフェンスについてよく頂くお問い合わせを紹介します。

 

 

Q.フェンスの表面を外向き、内向きどちらでも設置できる?


こちらは『YES』です。

 

フェンスの柱にはプランターを固定する為の貫通の穴あけがしてあります。

 

ですのでフェンス表裏どちら側にもプランターを固定する事が可能です。

 

お客様の施工事例を見る限り、ほとんどの方がフェンス表面にプランターを取り付けています。

 

ぽんと置くだけフェンス設置事例一覧を見る

 

後ほど出てきますがコーナー用に関しては完全組立済みのフェンスで内側向きのみです。

 

 

Q.DIYフェンスと連結はできる?


これはできるかできないかで言えば『できます』

 

ぽんと置くだけフェンスDIYフェンスは共通のフェンスを使用しています。

 

例えばぽんと置くだけフェンスのボーダー板間隔1cm180cmのフェンスとDIYフェンスのボーダー板間隔1cm180cmのフェンスは同じでフェンスです。

 

ですのでDIYフェンスを埋めずにぽんと置くだけフェンスの隣に置けば連結はできてしまいます。

 

しかしDIYフェンスは脚を地中に埋めるタイプのフェンスですので連結は危険です。

 

『できてしまいます』『お控えください』というのが正直な回答です。

 

 

Q.高さや幅の変更はできますか?


こちらは『NO』です。

 

高さの変更については【ぽんと置くだけフェンス】に限らずお受けしておりません。

 

幅の変更はフェンス単体の時のみお受けしていますが【ぽんと置くだけフェンス】はお受けしていません。

≈フェンス単体でもできないデザインもあります≈

 

すみませんが規格サイズ90cmでご検討ください。

 

 

Q.ぽんと置くだけフェンスの高さ違いで連結はできる?


こちらは『NO』です。

 

同じデザインで180cmと150cmを横並びにした場合、下の連結ボルト穴位置は合いますが上の連結ボルト穴位置は合いません。

 

また同じデザインでも高さが違う場合は板の位置が隣と合いません。

 

高さ違いの連結は想定して生産しておりませんのでご注意ください。

 

 

Q.コーナーにも対応していますか?


こちらはボーダー板間隔1cmと3cmのみ『YES』ですが内向きの場合のみです。

 

申し訳ありませんがその他のデザイン、または外向きでご検討頂いている場合には対応しておりません。

 

コーナー用は完全組立済みの商品ですので外向きにするのは不可です。

 

►コーナー用ぽんと置くだけフェンスを使用した設置事例の一部をご紹介

 

ここだけ春のような空間

 

 

コーナーの設置もバッチリです!

 

まだまだ素敵なフェンス設置事例の写真を頂いております。

ぽんと置くだけフェンス設置事例一覧

 

 

ぽんと置くだけフェンス コーナー用・ボーダー板間隔1cm一覧のご紹介

 

 

ぽんと置くだけフェンス コーナー用・ボーダー板間隔3cm一覧のご紹介

 

 

Q.フタをすればベンチになる?


こちらは『NO』です。

 

ベンチ使用を想定してプランターもフタも生産していません。

 

当然頑丈な作りにはなっておりますがベンチ使用はお控えください。

 

 

Q.連結ボルトや穴隠しキャップは必ず必要?


必ず必要ということはありません。

 

しかし複数台並べる場合には連結ボルトを使用する事を推奨します。

 

穴隠しキャップはご利用にならなくても特に問題はありません。

 

 

Q.アジャスター機能はある?


答えは『NO』です。

 

ぽんと置くだけフェンスにアジャスター機能はありませんので地面の高さレベルが同じ場所へ設置してください。

 

 

Q.風が強い地域だけど大丈夫?


簡易的に設置できる反面、転倒リスクはつきものです。

 

風が強く吹くとわかっている場所であれば設置はお控えいただいた方が良いでしょう。

 

自分の家と隣家の間で建物があり風を正面から受けないような場所であればいいですね。

 

設置をする際は転倒防止対策を設置環境に合わせてお客様にしていただく必要があります。

 

手前(プランター側)に倒れる事もありますので注意してください。

 

前にも後ろにも何もないような場所へ単独での設置はお控えいただいた方が良いです。

 

後ろにもたれる壁やフェンスがある場所、たとえば

•お隣さんとの境界線にブロック+メッシュフェンスがある

•住宅が密集していて板の正面から風を受けないような場所

のような場所が思想的ですね。

 

 

また転倒対策として

•後ろのフェンスに括りつける

(もちろんお客様の所有物の場合ですが転倒防止になったとのレビューを頂きました)

 

•プランターの中に重りを入れる

(重りを入れたら倒れなくなったという声と重りを入れても倒れたという声の両方あります)

 

•台風の時は事前に一時的にフェンスを取り外して移動する

(近年は以前よりも強力な台風上陸が増えていますので)

 

コーナー用フェンスを使用してL字型に設置しても転倒に対して強くなります。

 

とても面倒に思うかもしれませんが、安全に使っていただく事を重要視しています。

 

簡単に設置できるのが魅力ですが、転倒防止策は必要ですので総合的に判断していただければと思います。

 

 

サンプル請求

 

 

プランター付きフェンスのメリット・デメリット

 


ぽんと置くだけフェンスを詳しく見る

ぽんと置くだけフェンスを詳しく見る

カテゴリ: Q&Aのご紹介
UPDATE: 2020/02/07

カテゴリ一覧

月別アーカイブ


PAGE TOP