目隠しフェンスの設置は業者に依頼

目隠しフェンスの設置は業者に依頼

目隠しフェンスの設置を業者に依頼してお庭を「より美しく」

 

目隠しフェンスの設置を考えていらっしゃる方はこのような2択で悩んでおられませんか?

 

『自分で設置しようか』

 

『工務店に依頼しようか』

 

ご自身で設置する場合のコストは

 

•目隠しフェンスの購入費用

•設置に必要な基礎ブロックやモルタルなどの必要経費

 

などに限られるため、業者に依頼する費用がかかりません。

 

つまりコストを安く抑えられるというメリットがあるのです。

 

 

目隠しフェンスをローコストに抑えるお得な方法のブログ記事はこちら

 

 

そうなるとフェンスをDIYで設置する事は簡単なことなのか気になりますよね。

 

 

目隠しフェンスをdiyで建てようのブログ記事を見る

 

 

しかし、ご自身で目隠しフェンスの設置を行うDIYには失敗する可能性もあります。

 

よくある失敗としてはこのようなものがあります。

 

 

目隠しフェンスが傾いてしまう


モルタルは一度固まってしまうと元には戻せません。

 

そのため水平を保てていないのにモルタルが固まってしまい、目隠しフェンスが傾いたまま元に戻せなくなってしまう事もあり得ます。

 

傾いた目隠しフェンスはご自身の目にも美しく見えないですし、ご近所さんにダサイって思われてしまいますよね?

 

これだけは絶対に避けなければなりません。

 

それほどフェンスを水平に設置する事は重要なのです。

 

►DIYフェンス施工の際に水平を保つ支え木の写真を頂きました。

DIYフェンスの施工は水平垂直が大事

 

水平器を使いしっかりと水平をとり、モルタルが固まるまでその水平を保持する為に支え木を使用すると安心です。

 

DIYフェンスの施工手順はこちら

 

風の強い日は施工を見送った方がいいですね。

 

 

DIYフェンス設置事例一覧

 

 

DIYフェンスのよくある質問を見る

 

 

他にも失敗例を紹介していきましょう。

 

 

途中で諦めてしまい放置してしまう


DIYでフェンスを設置するには大まかに

 

•穴を掘る

•基礎石をフェンスのピッチに合わせて配置する

•フェンスをモルタルで埋め固める

 

細かく説明するともっとたくさんの作業があります。

 

このような作業はほとんどの方にとって重労働の部類に入るので足や腰に負担がかかります。

 

そのため体力に自信のない方や、足腰に不安を覚えるご年配の方は目隠しフェンスの設置を途中で諦めてしまう事があるかもしれません。

 

また最初はモチベーションが高かったのに

 

『想像していたのと全然違い大変だった』

 

『もっと簡単だと思っていた』

 

『また時間があるときにやろう』

 

このようなケースでも途中で投げ出してしまう事があるのです。

 

設置途中の目隠しフェンスをいつまでも放置していてはお庭も見栄えは良くないですよね?

 

なのでDIYはこのような方にはお勧めです。

 

・『DIYに興味がある』

・『失敗しても自己責任と割り切れる』

・『絶対にコストを安く済ませたい』

・『時間に余裕がある』

 

逆にこのような方にはDIYはお勧め出来ません。

 

・『時間に余裕がない』

・『絶対に失敗したくない』

・『体力に自信がない』

・『足腰に不安がある』

 

上記に1つでも当てはまる方は、工務店さん等の業者さんに依頼するのがお勧めです。

 

 

目隠しフェンスを建てた後の後悔を未然に防ぐ方法はこちら

 

 

目隠しフェンスを設置するプロですから、短時間でキレイに目隠しフェンスを設置してくれます。

 

そして設置したい目隠しフェンスの位置など細かく要望を伝える事ができます。

 

サンプル請求

 

 

 

DIYに自信がないけど自分で目隠しフェンスを設置したいという方は


『もっとお手軽に設置できるフェンスは無いの?』

 

もちろん、そんな方に合ったフェンスもあります。

 

「ぽんと置くだけ」タイプの目隠しフェンスをお勧め致します。

 

ぽんと置くだけフェンスを詳しく見る

 

ぽんと置くだけフェンスを詳しく見る

 

 

ぽんと置くだけフェンス設置事例一覧

 

 

プランター付きなので自立するため設置自体は置くだけの仕様です。

 

しかし脚を埋めていない分、転倒対策はしっかりと実施していただく必要はあります。

 

コンクリートに埋め込まないタイプなので移動する事も可能です。

 

 

【ぽんと置くだけフェンス】のよくある質問

 

 

『やっぱりコンクリートに埋め込んでガッチリ設置したい』

 

このように思った方はDIYフェンスを業者さんに依頼しましょう。

 

 

設置をお願いする業者の探し方


業者さんの探し方ですが、

 

・インターネットで検索

・地元の工務店さんに直接尋ねる

 

この2つが主な探し方ですが、急ぎの場合や確実に見つけたい場合は、インターネットで検索して問い合わせするのが良いでしょう。

 

"工務店" "リフォーム" "外構" "造園"

 

等を入力し、ご自身がお住まいの地域を入力すればヒットする可能性が高いです。

 

その際は必ず『フェンスは自前で用意するので施工のみ依頼は可能か』を問い合わせてください。

 

依頼する工務店さんが決まったら、弊社のホームページ画面を見せて製品仕様を見てもらうと施工もスムーズになる可能性が高いです。

 

確実に美しく仕上げてくれる業者さんに依頼して

 

•素敵なお庭をより美しく

•傾いて仕上がることなく

 

演出することで今のご自宅がワンランク上の家に見えるのは間違いないでしょう。

 

ご近所さんの見る目も変わってくるはずです。

 

 

目隠しフェンスを検討し始めたばかりの方は


目隠しフェンスの設置を検討し始めたばかりの方は

 

•フェンスの材質

•種類

•サイズ

 

などまだ何も具体的に決まっていないという方もいるかと思います。

 

そんな方はまずこちらの目隠しフェンスの選び方のご提案をご覧ください。

 

必ずしも目隠しフェンスの設置を業者に依頼した方が良いという商品ばかりではありません。

 

中には簡単なDIYで設置できる目隠しフェンスも存在します。

 

目隠しフェンスを検討し始めたばかりの方は、どのような目隠しフェンスがご自身に合っているのか探すところから始めなければなりません。

 

そんな方の為に少しでも参考になれば嬉しいとの思いでブログをアップしていますので是非読んでいただけると嬉しいです。

 

▼よく読まれている目隠しフェンス豆知識のブログはこちら

 

 

目隠しフェンスの高さ選びについて

 

 

目隠しフェンスの板間隔の選び方

 

 

目隠しフェンスのカラー選びに迷ったら

 

 

目隠しフェンスのメリット・デメリット

 

 

『いっぱいありすぎて中々決められない…』

 

 

そのような方には【無料サンプル】がお勧めです。

 

目隠しフェンスに使われている素材サンプルを無料でお送りしております。

 

弊社自慢の樹脂製目隠しフェンスの素材を実際に目で見て質感を確かめられるので、初めての方の大多数がこの無料サンプルを利用しています。

 

お気軽にご利用下さい。

 

▼無料サンプル請求はコチラから

サンプル請求

 

 

樹脂フェンスのメリット・デメリット

 

売れ筋商品や、注目商品などのご質問も承っておりまので、 お気軽にお問合せ下さい。

 


DIYフェンスを詳しくみる

DIYフェンスを詳しく見る

 

 

工務店様向けに本格施工のプロ向け目隠しフェンスも販売しております。

木調樹脂ルーバーフェンスを詳しく見る

木調樹脂ルーバーフェンスを詳しく見る

 

 

木調樹脂横スリットフェンスを詳しく見る

木調樹脂横スリットフェンスを詳しく見る

 

 

木調樹脂ラティスフェンスを詳しく見る

木調樹脂ラティスフェンスを詳しく見る

 

 

ガーデンライフ彩トップへ戻る

カテゴリ: 目隠しフェンス豆知識
UPDATE: 2021/11/26

カテゴリ一覧

月別アーカイブ


PAGE TOP