ピッタリ施工できる目隠しフェンス

ピッタリ施工できる目隠しフェンス

□自社製品目隠しフェンスの強みをご紹介

目隠しフェンスが欲しいけれど既製品ではつけたい場所にピッタリ設置できない…とお悩みの方もいるのではないでしょうか。

 

ご安心ください!!

 

ガーデンライフ彩なら幅の特注でピッタリと設置することが可能です。

 

なぜ既製サイズ以外も用意ができるかというと自社工場で生産しているからです!
 

樹脂製目隠しフェンス国内自社工場のご案内

⇒国内自社工場のご案内はこちら

 

全てのフェンスが幅の変更をできるわけではありませんが幅の変更ができるフェンスをご案内いたします。

 

まずはDIYフェンスからご紹介します

DIYフェンス

 

商品の特徴は基礎から自分で配置して脚を埋め固める本格的なDIY仕様のガーデンライフ彩の看板商品の目隠しフェンスです。

 

 

DIYフェンスの施工手順はこちら

 

 

DIYフェンスはウェーブタイプルーバーストライプフェンス以外は特注可能です。

 

ボーダー板間隔1cmボーダー板間隔3cmマルチボーダー板間隔1cmマルチボーダー板間隔3cmフルブラインドルーバー5cm単位で切り詰めることが可能です。

 

縦型のストライプタイプは約13cm単位で切り詰めることが可能です。

 

なぜ13cm??
理由は板12cm+間隔1cmを合わせた13cmを狭めていくからです。

 

幅の特注の詳細に関してはDIYフェンス紹介ページご覧ください。

 

ここで注意点!
DIYフェンスは基礎石(フェンスブロック)を基礎にして設置します。

 

幅180cmのスペースに幅180cm分のフェンスを設置できるかというと答えはNOです。

 

DIYフェンス施工に必要な幅

 

上の写真は幅90cmのフェンス2枚なのでフェンスの幅自体は180cmです。

 

しかし施工する時には基礎石のはみ出しも考慮してサイズを検討してくださいね。

 

目隠しフェンスをdiyで建てよう

 

 

DIYでフェンス(柵)を施工するポイント

 

 

続きましてブロック用フェンスです。

ブロック用フェンス

 

こちらも5cm単位で切り詰め可能なフェンスです。


アメリカンストライプは幅変更不可ですcrying

 

ブロック上に設置フェンス一覧のご紹介

 

 

そして人気沸騰中の既存のフェンスに後付けできる短脚パネルです。

短脚パネル

 

こちらも5cm単位で切り詰め可能なフェンスです。

 

こちらもアメリカンストライプは幅変更はできません。

 

 

既存フェンスに取付短脚パネル一覧のご紹介

 

 

短脚パネルの幅特注をご利用いただきピッタリと施工していただいた設置事例がこちらです。

 

目隠しフェンスの設置事例

一番左のパネルだけ幅が狭いですよね。

 

⇒目隠しフェンスの施工例をもっと見る

 

たまにお問い合わせをいただくことがあるのですが幅を広くする幅特注は設計上お受けできません。強度にも影響がでますし安全第一でお願いしておりますsmiley

 

基本は既製サイズでの設置をお願いしておりますが幅特注もうまく活用してお庭にピッタリな目隠しフェンスを設置してくださいね。

 

樹脂フェンスご検討中なら、まずは無料サンプルから!

 

樹脂フェンスのメリット・デメリット

 

お気軽に申し込みください。

サンプル請求

 

目隠しフェンスの選び方のご提案

 


ガーデンライフ彩の目隠しフェンスが選ばれる5つの理由

 

ガーデンライフ彩の目隠しフェンスが選ばれる5つの理由

 

メイドインジャパンの樹脂フェンス・ガーデンファーニチャー SAKUREA サクリア

 

サクリアを詳しく見る

 

 

カテゴリ: 目隠しフェンス豆知識
UPDATE: 2017/10/05

カテゴリ一覧

月別アーカイブ


PAGE TOP