プランター付きフェンスでマイホームをリフォーム

プランター付きフェンスでマイホームをリフォーム

[庭をリフォームする]

夢のマイホームも、実際に住み続けてみると、さまざまなことが見えてくるようになります。

 

そこで、リフォームを考えるということも出てくるでしょう。今の住環境に合わせた形にするということは、とても難しいというわけではありません。

 

至って健全な発想であり、どんどんとおこなっていけば、住みやすい環境にすることができます。

 

庭のリフォームというのもあります。いつも目にしている庭ですが、そのままでは気にいらなくなってくることもあるでしょう。

 

何か不都合が出てくることもあります。そんな時には、新たな空間にできるように演出することも必要です。

 

大きなリフォームをするということも必要になってきますが、それだけが方法ではありません。

 

もっと手軽に庭を変えていく方法もいろいろとあるからです。

 

手軽な方法のひとつとして、フェンスがあります。

 

フェンスは大変だと思うかもしれませんが、置くだけで特別な工事もいらないものがいろいろと出てきました。

 

ガーデンライフ彩でも置くだけで設置できる樹脂製のフェンスが人気です。

 

ぽんと置くだけフェンスを詳しく見る

⇒ぽんと置くだけフェンスを詳しく見る

 

⇒ぽんと置くだけフェンスの設置事例一覧を見る

 

人気を集めてきているのは、本当に手軽だからです。フェンスというと、かなり大規模な工事をイメージする方が多いかもしれません。

 

たしかに外構工事ということで考えれば、相当大掛かりなことをしていかなければいけません。

 

ですが、ガーデンライフ彩のプランター付きフェンスであれば、そんな手間も必要がなく、業者に依頼しなくても手軽に雰囲気を変更していくことができます。

 

工事費を掛けることなく取り付けることができますし、自分の好きな場所に好きなだけ設置することもできるのが人気です。

 

ドライバーさえあれば簡単に組み立てられるものなので特別な知識や経験が必要になるといったこともありません。

 

 

設置するだけマイホームの雰囲気を変えられるのですから、手軽なリフォームといえるでしょう。

 

[好きなところに置けることのメリット]

自分で設置できるフェンスは、スペースさえあれば好きなところに置けます。

 

これは、レイアウトに納得がいかないときでも、簡単に移動することができるということを意味するメリットです。

 

外構工事でフェンスを取り付ける場合には、基礎にコンクリートを打設することになりますが、もちろん、フェンスも固定になってしまいます。

 

移動させたいときに、固定されていて移動させることができないのは、かなり不自由を生じることでしょう。

 

もしも移動させると知れば、コンクリートを壊し、新たな位置に持っていくしかありません。

 

その時には、破壊されたコンクリートの復旧も必要になります。

 

これでは、思っている以上の費用が掛かってしまうデメリットまで出てしまいます。

 

そうなると手軽に移動できるということは大きな意味があります。今はあまり気にすることがなくても、将来は違うかもしれません。

 

その可能性があるのであれば、移動できるようにしておくことで、再びリフォームしたりする必要もなくなります。

 

簡単に使うことができるガーデンライフ彩の目隠しフェンスは、多くのデザインを持っています。

デザイン豊富な置くだけフェンス

⇒他にもあります!デザイン豊富な置くだけフェンスのラインアップはこちら

 

組み立てが簡単であるというだけではなく、多くのデザイン選択肢があるため、自分の理想にあった形を選ぶことができるといえるでしょう。

 

庭の雰囲気を明るくしたいというときには、隙間の広いタイプを選ぶというのもひとつです。

 

視線を遮りたいというのでは、もっと狭いものにするのもいいでしょう。他にもデザイン性に富んだものもあるのですから、イメージを構築してから選ぶこともできます。

 

置くだけのフェンスは、これだけ便利なものであるといえるでしょう。

 

樹脂製フェンスの無料サンプル

 

[どんな形にしたいのか検討してから]

リフォームということでは、現況をどのように変えていくかということを考えることが多いでしょう。

 

ガーデニングのベースにしたいということも出てくるでしょう。

 

そこで、まずは重要になってくるのは、高さということになります。

 

視線を防ぐときや、ガーデニングのベースにするときにも、高さがなければ活用できません。

 

低いフェンスになれば、上から見てしまうことになるでしょう。逆に隠しすぎても、防犯上危険な場合もあります。

 

住んでいる地域や環境を考えて高さを考えていくことは、非常に重要です。道路からの目線ということも考えていく必要があるでしょう。

 

車や歩行者からの視線を遮るということが重要になってきますが、この場合には180cmをひとつの目安にしましょう。

 

身長の高さではなく、目線の高さということで考えれば、180cmあれば圧迫感も感じにくくちょうどよいサイズです。

 

⇒目隠しフェンスの高さ選びについて見る

 

板の隙間である、板間も重要なポイントです。

 

フェンスにはそれぞれの間隔があります。視線を遮りたいときには狭いものが向いていますし、ガーデニングとして絡めていきたいときには、ある程度の隙間を得られるものにするのもひとつです。

 

⇒目隠しフェンスの板間隔の選び方について見る

 

板自体が細いものもありますので、条件に合わせて選んでいくと、自分の目指すリフォームにつながっていくでしょう。

 

手軽に置いてリフォームに活用できるのがフェンスです。

 

さまざまな目的によって選んでいくことになりますが、それだけの選択肢も出てきていることも間違いありません。

 

どんなかたちにしたいのか、先に検討してから選択していけば、失敗することはないでしょう。

 

⇒目隠しフェンスのメリット・デメリットを見る

 

⇒目隠しフェンス選びのアドバイス


ぽんと置くだけフェンスを詳しく見る

⇒ぽんと置くだけフェンスを詳しく見る

 

DIYフェンスを詳しくみる

⇒DIYフェンスを詳しく見る

 

ブロック用フェンスを詳しく見る

⇒ブロック上に設置するブロック用フェンスを詳しく見る

 

短脚パネルを詳しく見る

⇒既存フェンスに取り付ける短脚パネルを詳しく見る

 

ぽんと置くだけラティス

⇒ぽんと置くだけラティスを詳しく見る

 

選べる設置のラティスを詳しく見る

⇒設置方法が選べるラティスを見る

カテゴリ: 目隠しフェンス豆知識
UPDATE: 2018/08/30

カテゴリ一覧

月別アーカイブ


PAGE TOP