DIYで目隠しフェンスを設置する道具

DIYで目隠しフェンスを設置する道具

 

DIYで目隠しフェンスを設置するには何を準備したらいい?

 

ガーデンライフ彩では

 

『目隠しフェンスが欲しいけれど業者に頼まずにDIYでやりたいなぁ…』

 

とお考えの皆様にピッタリの目隠しフェンスをご用意しております。

 

その名は

 

DIYコンフォートフェンス

 

略してDIYフェンスです。

 

わかりやすいネーミングにしました。

 

ガーデンライフ彩ではDIYフェンスの施工手順をご案内していますが

 

「ページ内で用意するものに載っていない道具がたくさんでてくるじゃないか(怒)」

 

と言われる前にもう少し、出てくる道具=用意して欲しい道具について説明しますね。

 

まずはDIYフェンスの施工方法のページをご覧ください。

 

DIYフェンスの施工方法はこちら

 

 

DIYフェンスの紹介ページを見る

 

 

DIYフェンス設置事例一覧を見る

 

 

DIYフェンスの設置に用意する道具


ページ内の用意するものに

①基礎石

②砂利

③モルタル

④シャベル&スコップ

⑤水平器

⑥水引糸

がでてきます。

 

今回はここに出てくる以外の物を紹介するつもりでしたが、まずはこの道具から説明していきますね。

 

まずは

①基礎石(フェンスブロック)

 

おすすめの基礎石サイズ

 

お客様から

 

「基礎石は販売していないんですか?」

 

とお問い合わせをいただきます。

 

申し訳ございませんがガーデンライフ彩では基礎石は販売しておりません。

 

品揃えはホームセンターによるかと思いますが弊社の近くのホームセンターでは取り寄せではなくいつでも置いてあります。

 

脚を埋めるのは30cmなので高さ30cmの基礎石でもいいというわけではありません。

 

土の中でしっかりと踏ん張るためにも約50cmの物を準備してください。

 

DIYフェンスの支柱は4cm角ですが連結部分は2本の脚が入ります。

 

支柱が2本並ぶ場合は4cm×8cmになるのでモルタルを入れるスペースも考えると10cm程度の穴が必要になります。

 

写真の基礎石の重量は約25kg程度です。

 

重たいので腰を痛めないように注意してください。

 

 

②砂利

③モルタル

DIYフェンスの砂利DIYフェンスのモルタル

 

ホームセンターでこんな感じで売ってます。

 

私が買ったインスタントモルタルは25kgで13Lのモルタルが作れます。

 

写真の基礎石(フェンスブロック)だと10cm×10cm×48cm=4800㎤=約5Lですが30cmのところまでは砂利で埋めるので実際に基礎石1つに対しては3L程度、正確には脚の分を引くともっと少なくなります。

 

上の写真のモルタルであれば基礎石5個分くらいでしょうか。

 

『セメント、モルタル、コンクリートって何が違う??』

 

と素人の私は思ったので調べてみると、

 

セメント=コンクリート、モルタルの材料

モルタル=セメントと砂を混ぜたもの

コンクリート=セメントに砂、砂利を混ぜたもの

 

らしいです。

 

コンクリートとモルタルは砂利があるか無いかの違いで砂利が入ることで大幅に強度が増すようです。

 

この施工にはモルタルが向いていると職人さんからもアドバイスをいただきました。

 

夏場と冬場で硬化時間が異なりますので注意してくださいね。

 

 

④シャベル&スコップ

⑤水平器

⑥水引糸(水糸)

 

日本のJIS規格では足をかける部分があるものをショベル、無いものをスコップと定義しているみたいです。

(シャベルかショベルどっちが一般的なんでしょうか。)

 

業者さんに目の前で設置してもらったんですが、業者さんは穴掘り器なるものを持っていてシャベルよりも簡単らくらくで穴堀りしていました。

 

『うらやましい…』

 

水平器や水引糸もホームセンターで手にはいります。

 

さてここからは施工手順ページでアナウンスが無かった道具たちです。

 

⑥メジャー

基礎石(フェンスブロック)設置の間隔を測ったり、砂利を入れた後の高さを測ったりする必需品です。

 

⑦バケツ

⑧コテ&ハケ

DIYフェンス施工に使うバケツDIYフェンスの道具のコテとハケ

 

モルタルを作るバケツと仕上げに使うコテとハケです。

 

バケツが小さすぎると何度もモルタルを作らないといけないので少し大きめがよさそうです

 

使った後はしっかり洗わないともの凄いことになります…

 

使い捨てはもったいないのでしっかり洗いましょうね!

 

 

⑨水糸を張る棒&支える棒

⑩養生テープ

DIYフェンスの支え棒養生テープ

 

短い棒は水糸を張るのに使いました。

 

長い棒はモルタルが固まるまでの支えに使いました。

 

長さにはこだわって無いので適当な長さです。

 

テープは剥がしやすい養生テープを使えば樹脂板も傷つかず汚れずに剥がせます。

 

職人さんに施工をお願いした時もこれ以外の道具は出てこなかったですし、DIY素人の私でもこの道具で施工できたのでこれだけ揃っていれば安心だと思います。

 

DIYフェンス施工手順

 

フェンス設置後に三重県いなべ市に台風が上陸しました。

 

あまりに強風なのでフェンスが転倒していないか心配になり見に行くと傾かず立派に建っていました!!

 

しかしよく見ると施工手順の掲載で改善しなければいけない点が…

 

詳しくはこちらのブログ記事をご覧ください。

DIYフェンスを施工するポイントの記事はこちら

 

 

♦DIYフェンスについてよく読まれているブログ♦

 

目隠しフェンスをdiyで建てよう

 

DIYフェンスのよくある質問

 

 

風の強い日は風の影響で水平を保つのが難しくなります。

 

そんな日はフェンスの施工を避けてくださいね!

 

ガーデンライフ彩のDIYフェンスは樹脂フェンスです。

 

 

樹脂フェンスのメリット・デメリットの記事はこちら

 

 

無料のカラーサンプルをご用意していますので気になった方は是非ご利用ください。

サンプル請求

 

『目隠しフェンスが欲しいけれどまだ何も決まっていない…』

 

そんな方は是非こちらのページをご覧ください。

 

目隠しフェンス選びのご提案

 

 

 

DIYフェンスでこんなにも素敵なお庭になります


それではDIYフェンスを使って素敵なお庭や外観にしていただいた事例をいくつかご紹介したいと思います。

 

ゴージャスな目隠しフェンス

 

 

 

白いフェンスと人工芝で爽やか

 

 

 

弊社フェンスは、裏側もスマートです!

 

 

 

おしゃれな目隠しフェンス・マルチボーダー

 

 

 

素敵なお庭作りは表面仕上げエレガントの目隠しフェンスで決まり

 

※DIYフェンスを使った事例の紹介であり設置は業者さんに依頼したケースもあるかと思います。

 

無理せず業者さんに依頼も検討してくださいね。

 

 

目隠しフェンスの設置は業者に依頼の記事を読む

 

 

ほかにもDIYフェンスの素敵な施工事例が紹介しきれないくらいたくさんあります。

 

是非他の事例もご覧ください。

 

DIYフェンス設置事例一覧を見る

 


DIYフェンスを詳しくみる

 

DIYフェンスを詳しく見る

 

 

上だけ(上段)DIYコンフォートフェンス

上だけ(上段)DIYコンフォートフェンスの紹介ページを見る

 

 

 

ガーデンライフ彩トップへ戻る

カテゴリ: DIY体験記
UPDATE: 2022/08/30

カテゴリ一覧

月別アーカイブ


PAGE TOP