すごい!万能な腐らないフェンス(柵)の活用法

すごい!万能な腐らないフェンス(柵)の活用法

[フェンス(柵)の種類]

 

フェンスや柵は素材も色も、使う目的も多種多様です。例えば、やわらかな雰囲気の茶色であればアットホームなイメージになりますし、ホワイトや凝ったデザインであれば洋風のおしゃれなイメージにもなります。

 

柵のデザインによっても雰囲気ががらりと変わるものです。柵を使う目的としては、隙間を細くすることでしっかりとご近所からの視線をシャットアウトしプライバシーを保護するための目隠しや、ここからが自分の敷地だということを示すことや、花壇と子供たちの遊び場とを分ける役目などがあります。

 

境界線をはっきりすることで、庭を歩行者に踏み荒らされることもなく、またご近所トラブルも未然に防ぐことができます。

 

敷地境界位置にフェンスを立てるときは、場合によってはお隣の方に確認をとり、納得してもらった後で作りましょう。

 

フェンスの設置は大きな工事をしなくてはいけないと思われがちです。

 

しかしガーデンライフ彩では購入したらそのまま手軽に設置できてすぐに完成するフェンスありますし、

手軽に設置できて完成するフェンス手軽に設置できて完成するフェンス

 

すでに私有地と道路の間にブロックなど低い段差で分かれているのであれば、そのブロックの上に立てて金具で固定するフェンスなどもあり、

ブロックの上に金具で固定するフェンス

 

初心者でもその日のうちに簡単にすぐに設置することができます。

 

しかし近年地震や台風が多いことを考えると、安全性のため設置時に業者にアドバイスをもらうこともいいことです。

 

安定しない場所へ設置したいときや強風が吹き込む場所で転倒の心配がある場合は、業者に施工をお任せするのが良いでしょう。

 

費用より安全面を重視して設置しましょう。

 

[デザイン重視で大丈夫?]

 

デザインのみでフェンスを選んでいる方が多くみられますが、梅雨があり、年中湿度が高く海に囲まれた日本では、素材選びが一番重要なポイントになります。

 

ひと昔前は、木材や低価格のアルミ製が主流でしたが、最近では雨風に当たり続けても腐らない、樹脂製のフェンスが大人気になっています。

 

ガーデンライフ彩は樹脂から自社生産

⇒ガーデンライフ彩は樹脂から自社生産

 

[腐らないフェンス(柵)とは]

 

今までの素材の定番は、アルミ製か木製でした。しかしこれらは雨風にさらされると数年後には変色し、錆びたり腐食したり汚れたりと新品の面影がまったくなくなります。

 

もちろん防腐剤を塗ることで腐食を遅らすことはできますが、それでも限度があります。そうなれば、見た目も悪いことに加え、突然倒れてけがをしたり、倒れたことにより近くのものが壊れるリスクも高まります。

 

また、木材ではよくあるささくれなどでけがになることもあるかもしれません。

 

その点、樹脂製のフェンスは、腐ることがないので、ささくれの心配はありません。

 

そのため、小さな子供がいるご家庭でも安心して設置できる優しい作りになっています。

 

フェンスの高さを選ぶときは、どうやって設置するかを確認してから決めてください。

 

例えば、足場をモルタルで固める施工方法の場合は、30cmほど埋めることがありますので、イメージよりもずいぶんと低くなります。

モルタルで固める施工方法

 

低いブロックの上に金具で固定するものはイメージよりも高くなります。

低いブロックの上に固定するフェンス

 

高ければ高いほど太陽光も遮断してしまうので、ぜんぜん日光があたらなくて、洗濯物が乾かない!という失敗をしないよう高さ選びには十分気を付けましょう。

 

⇒失敗しない高さ選びのポイントは?

 

腐らない樹脂製のものは、中には板がウェーブ状を描いているようなおしゃれなタイプのフェンスやリアルな木目調のフェンスもあります。

目隠しフェンスで庭を素敵に演出

 

[DIYで楽しもう]

 

腐らない樹脂製フェンスと、人工芝やさまざまなおしゃれオブジェとコラボすることでより、自慢の庭をより美しく見せることができます。

 

しかし、人工芝は選択を間違えると、誰が見ても人工芝と一目で分かるテカテカの安っぽい芝になってしまいますので、価格重視で選ぶ方は注意が必要です。

 

また、肌ざわりも大切です。本物さながらのふかふかの芝生はとっても気持ちがよく、年配者の膝にも優しい作りになっています。

 

クッション性があるので子供やペットが駆け回っても危なくなく、安心して遊ばせられます。しかもなんといっても芝刈り不要という最大の特典付きです。

 

ガーデンライフ彩ではプランターのカラーも充実しているので、自分のイメージにぴったりの庭を作り上げることができ、ガーデニングがより楽しくなります。

 

おしゃれなウェルカムポールで入り口を飾ったり、オーナメントやフットステップで玄関までお客さんを楽しく案内するのもとても素敵です。

 

ただ、プライバシー保護のためといってフェンスを高く作りすぎるのは危険です。

 

その柵を乗り越えてしまったら外からの視線を気にせずのんびりピッキングができるため、泥棒に入られやすくなる可能性もあります。完全に覆ってしまわないよう、適度な高さを選んでください。

 

安全性、機能性、セキュリティ面を考慮してアレンジを楽しみましょう。

 

子供にも安全でコスパが良く、劣化がほとんどなくては庭造りにとてもおすすめです。

 

樹脂フェンス一覧のご紹介

 

樹脂フェンスのメリット・デメリット

 

初期投資は高めですが、長期的にみるとお手入れも楽で耐久性も抜群です。


 

目隠しフェンスの選び方のご提案

 

腐らないフェンス、ぽんと置くだけフェンスを詳しく見る

⇒腐らない万能フェンス!ぽんと置くだけフェンス

 

腐らない万能フェンス!DIYフェンス

⇒腐らない万能フェンス!DIYフェンス

 

腐らない万能フェンス!ブロック用フェンス

⇒腐らない万能フェンス!ブロック用フェンス

 

腐らない万能フェンス!短脚パネル

⇒腐らない万能フェンス!短脚パネル

 

腐らない万能ラティス!ぽんと置くだけラティス

⇒腐らない万能ラティス!ぽんと置くだけラティス

 

腐らない万能ラティス!選べる設置のラティス

⇒腐らない万能ラティス!設置方法が選べるラティス

カテゴリ: 目隠しフェンス豆知識
UPDATE: 2018/03/19

カテゴリ一覧

月別アーカイブ


PAGE TOP