フェンスの活用で庭作りに幅を

フェンスの活用で庭作りに幅を

[さまざまな効力を発揮できる造園]

ガーデニングをする人が増えている昨今、さまざまな方法がとられるようになってきました。

 

庭に造園をしていくという、土に触れるという人間の根幹にかかわる部分を欲してきたともいえるでしょう。

 

植物を育てていくという楽しみもあります。花が咲き、果実を収穫したりすれば、楽しみはどんどんと広がっていくことは間違いありません。

 

私の親戚は毎年ミニトマトを楽しそうに大量に収穫して親しい人に配っています。

 

精神的な面を考えても、造園するということは大きなメリットを持っています。緑を見て、イライラとしてしまう人はまずいないでしょう。

 

季節ごとに変わっていく鮮やかな風景を見たり、風を感じたりすることができれば、精神的にも落ち着いていくことになるのは間違いありません。

 

庭に造園するということは、境界線を作るということにつながっていきます。自分の敷地と敷地外を分ける空間ともなるでしょう。

 

フェンスを取り付ければ、さらに境界線としての色合いを強めることができるようになります。

 

ガーデニングで活躍するフェンスの事例ガーデニングで活躍するフェンスの事例

 

⇒プランター付だから設置が簡単なフェンスを詳しく見る

 

こうした環境を作ることができれば、積極的に庭に出て日光に当たることができるようになるでしょう。ちょっとした運動不足の解消にもなりますし、精神的にも肉体的にも健康促進という意味でも大きな価値が出てきます。

 

一度始めてみると、楽しくてやめることができなくなるのも、これほど大きな効果があるからです。

 

フェンスを利用してガーデニング

 

⇒フェンスを活用した庭作りの事例を見る

 

いかがでしょうか。こんなに素敵な自然の緑があふれるお庭つくりができれば自然と外に出る機会も増えるのではないでしょうか。

 

庭があるのであれば、始めてみることにマイナスはありません。

 

[フェンスをうまく活用していく]

ガーデニングには、いろいろなかたちが存在します。庭で行う方法もありますし、ベランダで広げていく方法もあるでしょう。

 

それによって、さまざまな植物が選択できるようになっていきます。選ぶ楽しみもありますが、寄せ植えにしてみるというのも選択できますので、多くの方法をとることが可能です。

 

実際に庭に造園してみると、家全体の雰囲気も変化していくことになります。ワンランクアップしていくことになりますし、広く見せることもできるようになるかもしれません。

 

それほど造園は大きな役割を持っている方法です。うまく造園することができるようになれば、目隠しフェンスも活用していくことができます。

 

フェンスを使った庭作りの見本

 

お客様より頂いた写真です。お庭作りにガーデンライフ彩の樹脂製フェンスを使用していただきました。

 

左側はDIYで脚を埋め込んで設置する樹脂製フェンス、中央はプランターボックス付きの樹脂製フェンスを組み合わせてご利用いただきました。

 

フェンスをつければ、はっきりとした境目を作り出し、大きな効果を上げることができるようになるでしょう。

 

高さを演出することができるようになり立体的に、空間も美しく仕上げていくことができるようになります。

 

ただし、さまざまな注意点を守っていかなければいけないことも忘れてはいけません。

 

例えば、風が吹いたときにどうするのかということです。強風によって倒れたり飛んでいったりしないように固定することがポイントになってきます。

 

プランターボックスの中に重りをつけるというのもひとつでしょう。

元から存在する壁やフェンスも活用して固定することも大きな効果を得られます。これは簡単で、結束線を使っていけば、括り付けることができるでしょう。

 

形状的な問題として、板の間隔が広いものを選ぶというのもひとつです。間隔があいていれば、風が抜けやすくなり、その分強い風の圧力が生じません。

 

転倒を防ぐための補助金具もご用意しております。

 

⇒造園に活用するフェンスの板間隔の選び方

 

安全ということを考えても、適切な高さも考慮し、こうした配慮をしていくことが必要です。

 

高さを考慮したフェンスの設置事例

 

⇒造園に活用するフェンスの高さの選び方

 

[手軽で大きな効力を発揮する置くだけフェンス]

造園するときのフェンスの使い方はいろいろとあります。そのひとつとして、目隠しに使うという方法があるでしょう。

 

自分だけの庭を作り出すために、有効な方法であることは間違いありません。

 

目隠しにする場合には、ある程度細かいものや、隙間の小さなものにすることが大切です。

 

種類もさまざまなものがあり、庭の雰囲気に合わせて変えていくことができます。

デザイン豊富な置くだけフェンス

⇒隙間の小さなフェンス一覧はこちら

 

置くだけのフェンスというものもあります。箱(プランター)がついているタイプのフェンスであり、園芸を楽しむこともできるようになっているお手軽なタイプです。

 

視線を遮ることもできますし、見た目にも大きな変化を与えることができるでしょう。

 

手軽に楽しむことができるのもポイントで、ドライバーだけで組み立てることができるため、アイデアさえあれば、多くのバリエーションを生み出すことができます。

 

空間を大きくとることができなくても、有効に活用していくことができるタイプです。 もっと本格的に埋め込み型のフェンスを使ってみるのもいいでしょう。

 

目隠しフェンスとしても活用することができ、造園だけではない広がりを作り出せます。

 

木製のものもひとつですが、樹脂製のものがお勧めです。木製は経年劣化が大きく出ますが、樹脂製は色落ちも少なくて済みます。

 

樹脂フェンスのメリット・デメリットの記事を読む

 

さまざまな質感も選ぶことができますし、幅の選択肢もいろいろとあるため、どこに使うのかによって多くの商品を選択することが可能です。

 

見た目にも個性的で他にはない庭の雰囲気を演出できるデザインとしては、ウェーブ型もあります。

 

目隠しフェンスで庭を素敵に演出

 

板を組み合わせしたもので、デザイン的にもおしゃれな作りです。

 

個性をはっきりと出していくこともお庭の造園の楽しみではないでしょうか。

 

目隠しフェンスの選び方のご提案はこちら


 

カテゴリ: 目隠しフェンス豆知識
UPDATE: 2018/04/17

カテゴリ一覧

月別アーカイブ


PAGE TOP