目隠しフェンスの施工例や選び方のポイント

目隠しフェンスの施工例や選び方のポイント

[目隠しフェンスの施工例について]

一軒家で暮らしているご家庭も多いですが、そのご家庭の中には家の前の通行人や近隣に住む方の視線が気になる人も少なくないでしょう。

 

家を購入した時はそうでなくても実際に住み始めてからそう感じる方も多いかもしれません。

 

そのようなご家族は現在、目隠しフェンスを導入している家も多いです。

 

目隠しフェンスは様々な場所に施工することができるので、施工例を確認しておくと、設置場所を決める時に参考にできます。

 

今回はガーデンライフ彩の施工事例を紹介しますので是非、目隠しフェンス選びの参考にしてください。

 

施工後180cmのDIYフェンスの事例

 

施工場所としては多いのはリビングの前では無いでしょうか。リビングは家族が集まり、ソファーでテレビを見たりして寛ぐ空間になります。

 

そのため、周囲の人にあまり見られたくないと考える人も少なくないでしょう。

 

リビングの前に設置することで、周囲の目を気にすることなくリビングで家族と一緒に寛ぐことができます。

 

後付けできる人気のフェンス

 

また庭に施工するご家族も少なくありません。例えば住宅街などでは家が複数建つところもあるので、隣の家との間隔が少ないところもあります。

 

庭では様々なことを行うご家庭が多いです。例えば夏の季節には土から多くの雑草が生えてくるところも少なくありません。

 

雑草を放置しておくと見栄えが悪くなるため、定期的に草むしりをしなければならないところも多いです。

 

もし草むしりをしている最中に隣の人も庭で何かの作業をしている時に目線が気になる人も少なくないでしょう。

 

また、隣の家の人だけでなく家の前が道路であることが多いので、道路に人が通れば草むしりをしている姿を見られるため、目線が気になることもあります。

 

通行人が多い道路に並行して設置したり、隣の家との仕切りとして設置をすれば目線を気にしなくても済むため、メリットを感じる人も少なくないでしょう。

 

境界線に目隠しフェンス~防犯にも良い板間隔3cm

 

実際に塀が設置しているご家庭も多いですが、防犯上、死角を無くす為ために低い塀を設置する方もい多いのではないでしょうか。

 

低い塀は目隠しにならないため、塀の継ぎ足しとして目隠しフェンスを設置するご家庭もあります。

 

このように多くの施工例があるので、まだ設置する場所が具体的に決まっていない方は施工例を参考にして自分の家で目隠しフェンスを設置する場所を決定しましょう。

 

樹脂製フェンスの無料サンプル

 

[目隠しフェンスの選び方のポイント]

目隠しフェンスは販売店や通販サイトで購入できますが、取り扱う種類が多いので選び方のポイントを紹介します。

 

[ポイント1、高さ]

基本的に高さの選択はそれぞれのご家庭で異なりますが、あまりにも低すぎると目隠しの役割をすることができないので、高さを決める時は予めメジャーなどを使用してどのぐらいの高さが必要なのかを把握しておきます。

 

⇒目隠しフェンスの高さ選びについて

 

[ポイント2、圧迫感]

もし圧迫をたくさん感じてしまう目隠しフェンスを選択すると敷地が狭く感じられることもあり、快適に過ごせない住宅となるケースもあります。

 

圧迫感を少なくするために目の高さのサイズを選択するなどの対策を挙げることができます。

 

⇒目隠しフェンスの板間隔の選び方について

 

[ポイント3、風通し]

風通しが悪いと風が住宅の中に入りにくい状態になります。そのため、風通しが考慮されているものを選ぶ方も多いです。

 

実際に目隠しフェンスの中には隙間が設けられているものが多く、網目状のものも販売されています。

 

[ポイント4、耐久性]

実際に目隠しフェンスは庭に設置されるため、雨や風、日光に晒されることになります。

 

そのため、耐久性が低いとその分、買い換えのリスクなども高まる可能性があります。

 

設置する場所で商品を選択することも選び方のポイントになります。

 

実際に目隠しフェンスには一般家庭用のものだけでなく業者向けの商品も販売されているので、設置する場所を考えて選択しましょう。

 

⇒樹脂フェンスのメリット・デメリット

 

⇒目隠しフェンス選びのアドバイス

 

[目隠しフェンスの設置事例を参考にしよう!]

数年前に比べてインターネットショッピングが身近なものになりました。

 

実際にご家庭の中には通販サイトで初めて目隠しフェンスを設置するという人も少なくないでしょう。

 

やはりインターネットのお買い物は便利な分、実物が想像していたものと違うということも起こり得ます。

 

ガーデンライフ彩ではそのようなギャップを少しでも減らす為に実際にフェンスに使用している樹脂の板のカットサンプルを無料でお届けしております。

 

樹脂製フェンスの無料サンプル

 

短いカットサンプルではございますが実際の色の確認ができて良かったとこれまで多くの嬉しいお声を頂いております。

 

また購入いただいたお客様から目隠しフェンスの設置後の写真を募集しております。

 

頂いた設置事例のお写真は設置事例として、検討中の方に少しでも参考になればと思いホームページ内に掲載させていただいております。

 

設置の事例は設置方法によって分けていますのでご自身が検討している設置方法の設置事例を是非参考にしてみてください。

 

ご注文いただけましたら是非ご応募いただけると嬉しいです。

 

[ぽんと置くだけフェンス]

プランターボックスが付いた置くだけ簡単設置の目隠しフェンスです。

 

プランター付きでガーデニングも同時に楽しめます。また設置場所を後から移動できるのも特徴です。

 

DIYが苦手な方もご安心ください。フェンスとプランターをボルトで留めたら完成です。

<転倒防止対策はご自身でお願いいたします>

 

ぽんと置くだけフェンスを詳しく見る

⇒ぽんと置くだけフェンスを詳しく見る

 

⇒ぽんと置くだけフェンスの設置事例一覧を見る

 

 

[DIYフェンス]

プランター付きフェンスではプランターのスペースでお庭が狭くなってしまう、転倒の心配が少ないフェンスが良いという方はこちら。

 

設置に必要なフェンスブロック(基礎石)やモルタルなどご自身でご用意いただき施工する目隠しフェンスです。

 

業者様からもよくご注文をいただいております。

 

DIYフェンスを詳しくみる

⇒DIYフェンスを詳しく見る

 

⇒DIYフェンスの設置事例一覧を見る

 

[ブロック上に設置するフェンス]

敷地境界線にブロックだけがあり丸見えで困っているという状況もあるかと思います。

 

コンクリートブロックを撤去せずにコンクリートブロックの上に金具でフェンスを固定します。

 

あくまで金具での固定なので強風が吹き込む場所への設置はお控えください。

 

施工事例はまだそれほど集まっていませんcrying

 

ブロック用フェンスを詳しく見る

⇒ブロック上に設置するブロック用フェンスを詳しく見る

 

⇒ブロック上に設置するブロック用フェンスの設置事例一覧を見る

 

[既存フェンスに後付けできるパネルタイプのフェンス]

敷地境界線にブロックとメッシュフェンスがあり丸見えで困っている。

 

でもメッシュフェンスの撤去と目隠しフェンスの設置にはとても大きな費用がかかり困っている。

 

そんな時はこのメッシュフェンスに後付けして目隠しができる短脚パネルをご検討ください。

 

取付方法もとても簡単です。

 

短脚パネルを詳しく見る

⇒既存フェンスに取り付ける短脚パネルを詳しく見る

 

⇒既存フェンスに後付けできる短脚パネルの設置事例一覧を見る

 

[ぽんと置くだけラティス]

格子状のラティスの置くだけタイプです。

 

しっかりと目隠しというわけでは無いですが、ガーデニング要素が強く、飾り付けも映えるラティスは人気です。

 

グリーンカーテンと組み合わせて嫌味のないオリジナル目隠しフェンスにしてみるのもいいですね。

 

ぽんと置くだけラティス

⇒ぽんと置くだけラティスを詳しく見る

 

⇒ぽんと置くだけラティスの設置事例一覧を見る

 

[設置方法が選べるラティス]

コンクリートブロックの上に設置したり、地面に設置したり、メッシュフェンスに固定したり設置場所に合わせてご使用ください。

 

ご自身で結束バンドをご用意したり、ガーデンライフ彩の専用部材を使用して簡単に設置ができます。

 

選べる設置のラティスを詳しく見る

⇒設置方法が選べるラティスを見る

 

⇒設置方法が選べるラティスの設置事例一覧を見る

 


 

⇒目隠しフェンス選びのアドバイス

 

樹脂製フェンスの無料サンプル

カテゴリ: 目隠しフェンス豆知識
UPDATE: 2018/08/29

カテゴリ一覧

月別アーカイブ


PAGE TOP