目隠しフェンス(柵)の「防犯効果」

目隠しフェンス(柵)の「防犯効果」

【犯罪心理学から見る目隠しフェンスの「防犯効果」は?】

 

まずは貴方のお家が安全かチェックしましょう。

 

・1:人通りが少ない

・2:家の近くに細い路地がある

・3:家の中が丸見え

 

3つの内、1つでも当てはまったら要注意。

 

「空き巣」「覗き」などの対象になる危険があります。

 

犯罪心理学の研究によると、上記の常習者はこれらの事を事前にチェックしているようです。

 

 

■1:人通りが少ないかどうか


当然、犯人としては人通りが少ない方が 犯行をしやすく、見つかる可能性も低いため逆算的に犯行が成功に終わる可能性が高くなります。

 

『自分の家の前は人通りが少ないから犯罪とは無縁』

 

このように考えている方は危険です。

 

日本は世界でも有数の治安大国で、犯罪検挙率も世界で指折りですがその分日本人は防犯意識が世界で最も低い国と言われています。

 

確かに犯罪の数は少ないかもしれません。

 

しかしその数少ないターゲットが貴方の家になってしまったら?

 

気付かない内に大切なものを失くしてしまったり、 取り返しのつかない事になりかねません。

 

これを読んだらすぐに防犯意識を高める事をお勧めします。

 

 

■2:逃走ルートの確保


犯行に及んだ者は必ず人目を避けて逃げる必要があります。

 

その時に人通りが少ない、家の近くに細い路地がある場合にはやはりターゲットになりやすいのです。

 

ですが、家の周りの人通りや地理などはどれだけ頑張っても対策はしにくい側面があります。

 

そこで大事になってくるのは

 

『そもそもターゲットにさせない』

 

要するに事後対策ではなく 「事前対策」をする事が肝心になってきます。

 

それについてはこれから詳しく説明致しますので 心してお聞き下さい。

 

 

■3:防犯意識


空き巣は人の目につくことを最も嫌うので短い時間で冷静に分析します。

 

・防犯カメラがあるかどうか

・防犯の砂利があるかどうか

・犬を飼っているかどうか

・足場になる台や荷物等があるかどうか

・侵入できそうな入口がどこにあるか

・留守が分かってしまうかどうか

・身を潜めることができる場所があるか

などなど…

 

空き巣に入る者は、素早く迅速に事を行う必要があるからです。

 

・侵入しやすく防犯意識が低そう

 

・侵入しにくく防犯意識が高そう

 

どちらが空き巣に狙われやすいか一目瞭然ですね。

 

また、一度空き巣に入られた家は ターゲットになりやすいという統計も残されています。

 

犯人側から見れば浸入しやすい家という事ですから 同一犯でなくてもターゲットになりやすいのは当然の流れと言えるでしょう。

 

 

♦防犯対策は?


私は兄弟が多かったのですが家の鍵は2本しかありませんでした。

 

子供のときはその2本のカギを家族で共有していました。

 

出かける時は郵便受けに入れて帰ってくる家族がそれを使うという形をとっていました。

 

子供の時は何とも思いませんでしたが、今思うと不用心で考えられないですね。

 

それでは防犯対策をほんの一例ですが、いくつか紹介したいと思います。

 

 

・1:音が出る防犯用の砂利を敷く


踏むとジャリジャリと音がなるので音に敏感な犯人を寄せ付けない効果が期待できます。

 

特に人目につきにくい家の裏手側に敷くのは効果的です。

 

ホームセンター等で簡単に手に入りますね。

 

 

・2:防犯カメラやセンサーライトを設置する


人目を嫌う犯人は防犯カメラも嫌います。

 

人感センサーのライトは暗い時間帯に動く犯人にとってはやっかいなアイテムです。

 

空き巣だけでなく車上荒らし予防にもなります。

 

また通行する家族の脚元を照らしてくれれば安全面でも役立ちます。

 

 

・3:長期不在を知られないようにする


ベタな情報ですが重要な事です。

 

郵便受けに新聞が溜まっていると留守なのがすぐにわかります。

 

旅行など不在になる場合は新聞を止めましょう。

 

ガーデンライフ彩では防犯用の砂利や防犯カメラやライトは販売しておりません。

 

しかしここからはガーデンライフ彩の商品でもお役に立てそうです。

 

 

・4:フェンス(柵)を設置する


フェンスを設置する事で敷地の境界線を明確にでき、ここからは侵入したらダメだというサインになります。

 

心理的にも物理的にも簡単に入り込む事ができなくなります。

 

相手に大事な情報を与えないという点においても、簡単に侵入できないという物理的にも【目隠しフェンス】【柵】は大きな効果を発揮します。

 

木調樹脂横スリットフェンスを詳しく見る

 

ここで考えてみて下さい。

 

【目隠しフェンス】がある = 防犯意識が高い

 

『侵入するのに時間がかかりリスクがある』

『中のセキュリティも完璧かもしれない』

 

犯人にこのような印象を与える事ができると思いませんか?

 

また簡単に乗り越えることができないような高さのフェンスであればより効果的です。

 

障害を乗り越えて侵入となると時間もかかり、人目にもつきやすくなります。

 

【目隠しフェンス】【柵】は、犯人への心理抑制という大きな効果が期待できるのです。

 

しかしフェンス選びには注意が必要です。

 

 

目隠しフェンスの「高さ選び」のお悩みを解決!

 

 

隙間が無く見通しが悪いフェンスは家の中の情報を与えないメリットがあると同時に一度侵入を許すと犯人の身を隠すモノにもなり得ます。

 

防犯を考えるならば隙間の広い目隠しフェンスを選ぶと良いでしょう。

 

1cm間隔の目隠しフェンスと3cm間隔の目隠しフェンスの比較

 

目隠しフェンスの板間隔の選び方

 

隙間の大きな目隠しフェンスだと侵入した犯人も落ち着いて犯行ができませんね。

 

もちろん目隠しフェンスの役割は防犯のみというわけでは無いので設置にはいろいろな事を考慮しなければいけません。

 

目隠しフェンスのメリット・デメリット

 

また『覗き』防止のパネルタイプの目隠しもあります。

 

浴室・お風呂場の窓の目隠しに!窓格子用の目隠しスクリーンパネル

 

⇒浴室・お風呂場の窓の目隠しに!窓格子用の目隠しスクリーンパネル

 

脱衣所や浴室・風呂場の目隠しにおススメです。

 

 

・5:ガーデニングをする


「えっ、なんで?」

 

そう思われた方もいるかもしれません。

 

実はこれ関係があるんです。

 

ガーデニングに力を入れている家は庭にも気を配る家だと認識させます。

 

注意が行き届いている家は犯人も警戒し狙われにくくなるそうです。

 

これを機にプランターを使って家庭菜園にチャレンジしてみるのも良いのではないでしょうか。

 

プランター菜園におすすめの脚付き大型プランター

 

⇒家庭菜園におすすめの脚付き大型プランターを詳しく見る

 

 

またこれを機にガーデニングとフェンスを同時に検討しようという方にはこちらがオススメ!

 

プランターが付いたフェンスなので目隠ししつつプランター部分で植物を育てられます。

デザイン豊富な置くだけフェンス

プランター付きフェンスの紹介を詳しく見る

 

プランター付きフェンスの設置事例を見る

 

 

 

『ウチは貴重品は家に置いてないから大丈夫』

『盗まれて困る物はないから大丈夫』

『自分の街に犯罪者なんていないから大丈夫』

 

このように考えている方は注意が必要です。

 

被害が小さいとしても空き巣に入られたり、覗きなどの犯罪被害に遭うと 気持ちが悪くはありませんか?

 

一度でもそういう事があった家で、夜安心して眠れますか?

 

安心して外出できますか?

 

犯罪には直接的な一次被害だけではなく、 被害者側の心理的ダメージという二次被害も存在します。

 

大切なご家族にそのような思いを決してさせてはいけません。

 

【目隠しフェンス】があるだけで、【ガーデニング】をするだけで全然違うのです。

 

今一度「防犯意識」を見直してみてはいかがでしょうか?

 

目隠しフェンスの選び方のご提案


DIYフェンスを詳しくみる

⇒DIYフェンスを詳しく見る

 

⇒DIYフェンスの設置事例一覧を見る

 

ぽんと置くだけフェンスを詳しく見る

⇒ぽんと置くだけフェンスを詳しく見る

 

⇒ぽんと置くだけフェンスの設置事例一覧を見る

 

ブロック用フェンスを詳しく見る

⇒ブロック上に設置するブロック用フェンスを詳しく見る

 

⇒ブロック上に設置するブロック用フェンスの設置事例一覧を見る

 

短脚パネルを詳しく見る

⇒既存フェンスに取り付ける短脚パネルを詳しく見る

 

⇒既存フェンスに後付けできる短脚パネルの設置事例一覧を見る

 

浴室・お風呂場の窓の目隠しに!窓格子用の目隠しスクリーンパネル

 

⇒浴室・お風呂場の窓の目隠しに!窓格子用の目隠しスクリーンパネル

 

 

樹脂製フェンスの無料サンプル

カテゴリ: 目隠しフェンス豆知識
UPDATE: 2019/02/15

カテゴリ一覧

月別アーカイブ


PAGE TOP