戸建て住宅で庭づくり!フェンスを作るポイント

戸建て住宅で庭づくり!フェンスを作るポイント

 

戸建て住宅でフェンスを使った庭づくり

 

戸建て住宅に住む際に庭が付いているご家庭であれば

 

『自分の手でオリジナルの庭づくりをしたい!』

 

と考える方も多いのではないでしょうか。

 

中でもまず最初に取り組みたいのがフェンスです。

 

外側からも見えるフェンスは、庭づくりの第一歩としては最適です。

 

何よりガーデンライフ彩のフェンスは自社工場生産のオリジナル商品なのでオリジナルの庭作りにはピッタリのフェンスです。

 

 

フェンスの自社工場案内

 

商品次第で様々な印象をつける事が出来ますので、まずは色々と比較をしてみるとよいでしょう。

 

フェンスにも色々な種類があり、種類ごとに設置方法が異なるのが特徴です。

 

商品によっては置くだけのタイプもあれば、地面に基礎ブロックを埋めて、本格的に設置するタイプのフェンスもあります。

 

フェンスによって設置方法は異なりますので、自分の設置したい場所に合ったフェンスを選ぶようにしましょう。

 

戸建て住宅の利点は

 

✅自分の好きなように

✅好きなだけ庭を使える

 

ということです。

 

設置の方法によっては、風に対して耐久性が異なってきます。

 

無理せずに近所の工務店などに施工のプロに相談されるのも良いことですね。

 

 

目隠しフェンスの設置は業者に依頼の記事はこちら

 

 

簡易さのみを優先してすぐに倒れてしまうような状態だと何かと問題が起きてしまうので安心・安全に使用できることを重要視しましょう。

 

フェンスを選ぶ際は

 

✅フェンスの板の隙間が狭いほど風の影響を受けやすい

 

✅フェンスの高さが高いほど風の影響を受けやすい

 

と言えますし逆の言い方をすると

 

✅フェンスの板の隙間が大きいほど風が抜けやすい

 

✅フェンスの高さが低いほど風の影響を受けにくい

 

とも言えます。

 

フェンスを選ぶ際には隙間の広さ選びや高さ選びも重要なポイントです。

 

 

1cm間隔と3cm間隔の比較

 

しかし板の隙間が大きくあいていると向こう側が見えやすくなってしまいますし、板の隙間が無いと向こう側が見えにくく防犯面で心配に感じる方もいます。

 

目隠しフェンスを選ぶ際には

 

✅目隠しフェンスを設置する目的

✅庭に合ったデザイン

✅風の抜けやすさ

✅必要な高さ・圧迫感を感じない高さ

 

など様々な要素を考えてじっくり検討しましょう。

 

これらに関連する記事も用意しておりますので是非みなさまの目隠しフェンス選びの参考にしてください。

 

目隠しフェンスを建てた後の後悔を未然に防ぐ方法

 

 

目隠しフェンスの高さ選びについて

 

 

目隠しフェンスの板間隔の選び方

 

 

目隠しフェンスのメリット・デメリット

 

 

素材やカラーの違いによって、それぞれオリジナルの味が出るのも特徴です。

 

素材によって雰囲気が異なりますので、できるだけイメージに合ったものを選んで取り付けましょう。

 

 

フェンスのカラー選びに迷ったら

 

 

同じフェンスでも、カラーによって印象が異なりますので色々な商品を比較することは大切です。

 

ガーデンライフ彩では無料のカラーサンプルをご用意しております。

 

 

サンプル請求

 

非常に人気のサービスとなっておりますので是非ご利用ください。

 

 

 

フェンスの種類


戸建て住宅で庭づくりをする際に、フェンスを取り付けるという場合は、フェンスの種類を比較することが大切です。

 

まず、設置の手間無く置くだけで簡単に出来るタイプのフェンスがあります。

 

こちらはバリエーションも豊かで、DIYに詳しく無いという方でも手軽に設置が出来ます。

 

しかし設置場所によっては強風が起きた際など、転倒してしまう可能性が有るため、転倒防止対策など注意が必要です。

デザイン豊富な置くだけフェンス

 

ぽんと置くだけフェンスの紹介

 

 

ぽんと置くだけフェンスのメリット・デメリット

 

 

ぽんと置くだけフェンスのよくある質問

 

 

手軽に設置でき、その時によって別の場所に移動できるというのも大きなメリットです。

 

目隠しフェンスを選ぶ際はメリットだけでなく考えられるデメリットもしっかりと把握する事が大切です。

 

 

次に、設置タイプのフェンスです。

 

•地面にフェンスの脚を埋め込んで固めるDIYフェンス

 

ブロックに設置をするフェンス

 

既存のメッシュフェンスに後付けできるフェンス

 

など、色々な種類があります。

 

いざフェンスを設置しようと穴を掘ってみると水道管が通っていてフェンスブロックが埋められなかったという事例もあります。

 

戸建て住宅の状況に合わせて自分の家に合った設置方法のフェンスを選ぶと良いでしょう。

 

また風通しや見通しを重視したい方は格子状になっているラティスを選ぶという選択肢もあるので必要に応じて選択しましょう。

 

風の煽りを受けにくいラティス

 

 

ラティスって目隠しになるの?

 

 

ラティスのメリット・デメリット

 

 

デザイン性の違いも庭づくりのポイントとなりますので、色々と比較をすることによってイメージに近いものにしたいですね。

 

ゴージャスな目隠しフェンス

 

 

フェンスの設置事例の紹介

 

 

それぞれタイプによって、価格も異なりますし、設置場所な設置方法も異なります。

 

設置方法は、忘れずにチェックをすることが大切です。

 

[設置の際のポイント]

 

戸建て住宅の庭づくりはやりがいがあり、色々と挑戦できるのが魅力です。自分だけのオリジナルの庭を造ろうと、意気揚々とさまざまな事にチャレンジする方も多くいます。

 

ただし、多くのことに手を出しすぎた結果、庭がごちゃごちゃとした印象にならないように、バランスを考える事が大切です。

 

例えばフェンスを設置する際には、このような事を考えて設置をしましょう。 まず、設置をする方法をチェックして、自分の庭に設置することが出来るかを確認します。

 

ついついデザイン性だけで選んでしまった結果、自分の庭にはつける事が出来ないタイプを購入してしまったという方も少なくありません。

 

後悔しないためにも、デザイン性のみではなく設置方法も踏まえて検討する事が大切です。

 

次に、カラーバランスがちぐはぐで無いかどうかを確認しましょう。

 

実際にカラーを確認したいという方はご安心ください。ガーデンライフ彩は無料でフェンスの樹脂板のカットサンプルをご用意しています。

 

樹脂製フェンスの無料サンプル

 

ガーデンライフ彩のフェンスは樹脂製です。樹脂製のフェンスについて詳しく知りたいかたはこちら!

 

⇒樹脂フェンスのメリット・デメリット

 

どんな系統の庭にするのかを考えて、明るめ、暗め、といったトーンをそろえるようにすると、全体のバランスが整いやすくなるでしょう。

 

フェンスを選ぶ際にも、トーンに合わせたカラーを選ぶ事が大切です。

 

そして、どんな庭づくりをするかによっても異なりますが、戸建て住宅のスペースは有限ですので、あまりたくさん置きすぎて、ごちゃごちゃとした印象にならないようにしましょう。

 

空間を生かす庭づくりという点も意識すると、よりまとまりのある、自分だけの庭を手に入れることができます。

 

このように、いくつかのポイントを抑えると、全体的にまとまりの良い、理想的なお庭を作りやすくなります。

 

⇒目隠しフェンスの選び方のポイント


ぽんと置くだけフェンスを詳しく見る

⇒ぽんと置くだけフェンスを詳しく見る

 

DIYフェンスを詳しくみる

⇒DIYフェンスを詳しく見る

 

ブロック用フェンスを詳しく見る

⇒ブロック上に設置するブロック用フェンスを詳しく見る

 

短脚パネルを詳しく見る

⇒既存フェンスに取り付ける短脚パネルを詳しく見る

 

ぽんと置くだけラティス

⇒ぽんと置くだけラティスを詳しく見る

 

選べる設置のラティスを詳しく見る

⇒設置方法が選べるラティスを見る

カテゴリ: 目隠しフェンス豆知識
公開日: 2023/02/08
更新日: 2023/02/08

カテゴリ一覧

月別アーカイブ


PAGE TOP