隣家の目隠しにフェンスを建てる際おしゃれにする工夫

隣家の目隠しにフェンスを建てる際おしゃれにする工夫

 

□隣家との境界に目隠しフェンスを取り入れる

 

せっかく庭のある一戸建てに住むことになっても、庭の位置によっては隣家や外の通行人から家の中や庭がよく見えてしまう状態となってしまうことがあります。

 

『住んでみるまでわからなかった』

『気になって落ち着かない』

 

こうなると、庭で時間を過ごすことが難しくなってしまったり、常にカーテンを閉めて過ごさなければならなくなってしまったりします。

 

その対策としてフェンスを取り付けることを検討している人もいることでしょう。

 

今では目隠しとなるフェンスを家の周囲に建てるという家庭が増えています。

 

特に隣家からの目線が気になるという家庭がフェンスを検討していることも多いかと思います。

 

ガーデンライフ彩ではそのようなニーズの高まりから目隠しフェンスを生産・販売しております。

 

腐らない樹脂製

 

デザインやカラーが豊富

 

DIYで設置できるフェンス

 

安心の日本製

 

無料サンプルでカラーや質感が確認できる

 

などガーデンライフ彩のフェンスにはまだまだ特徴はたくさんあります。

 

ガーデンライフ彩の目隠しフェンスが選ばれる5つの理由

 

 

隣家の目隠しに建てるフェンスが

 

『腐ってみっともない』

『見た目が安っぽいなぁ』

 

なんて嫌ですよね。

 

せっかくならみすぼらしいフェンスではなく、おしゃれなフェンスにしたいものです。

 

薔薇とエンボス/ホワイトフェンスは好相性

 

 

目隠しフェンス設置事例一覧を見る

 

 

□フェンスを設置する事を決めたなら


フェンスの設置を決意したら早いうちから取り付けて対応することでプライベート空間を確保して快適な生活を送ることができます。

 

ただし焦りは禁物です。

 

きちんと計画的にフェンスを購入しなければなりません。

 

設置する場所や設置方法、サイズやデザインにカラーなど決めなければならない事はたくさんあります。

 

 

目隠しフェンスの選び方のご提案

 

 

風通しが悪くなったり日差しが全く差し込まなくなったりするかもしれません。

 

また重要なポイントとして設置する事によって隣家とのトラブルが起きない様に配慮しなければなりません。

 

せっかく快適に過ごす為に設置した目隠しフェンスがマイナスに働かない様に予めデメリットも把握しておきましょう。

 

 

目隠しフェンスのメリット・デメリットのブログ記事を見る

 

 

計画的に設置するサイズや枚数を検討することや、囲いすぎずに日差しや空気が入るようにするという工夫も必要です。

 

ただ取り付けるのではなく、せっかくなら目隠しフェンスを取り付けると同時にガーデニングを楽しんだりおしゃれな庭に仕上げたりすることもしたいものです。

 

最近ではガーデニングを楽しみつつもきちんと周囲の視線をさえぎることができるようにするフェンスもあります。

 

プランター付フェンスでお庭をプチ改造

 

おしゃれに目隠しを楽しむという方にはおススメのフェンスです。

 

プランター付きフェンスならば趣味のガーデニングついでに目隠しという感じで隣家の印象も悪くないかもしれませんね。

 

ぽんと置くだけフェンスを詳しく見る

ぽんと置くだけフェンスを詳しく見る

 

ぽんと置くだけフェンスの設置事例一覧を見る

 

 

事前にしっかりとシミュレーションをして自宅のイメージに合うおしゃれなフェンスで目隠しをすることが理想的です。

 

できるだけ多くの事例を見て参考にするのも良いことです。

 

目隠しフェンス設置事例一覧を見る

 

 

かっこいい目隠しフェンスにこだわろうのブログ記事を見る

 

 

□隣家とのトラブル対策


ある日突然、隣家に何も言わずに目隠しフェンスを取り付けてしまうと後からトラブルになってしまうケースがあります。

 

隣家としては、自分たちが何かをしてしまったのではないかと気にしてしまったり、不快な気持ちになってしまったりすることがあるのです。

 

それ以外にも、取り付けることにより隣家にとって日当たりが悪くなったり、風通しが悪くなってしまったりというデメリットが生じてしまうこともあります。

 

さらに、植物を近くに植えてしまうと隣まで落ち葉が飛んで行ってしまったり、虫が発生してしまい迷惑をかけてしまうということもありますし、植物が育ちすぎて隣の家まで入ってしまうということもあります。

 

災害時には倒れて隣家に迷惑をかけてしまうということになり得ることです。

 

取り付けた当初は特に問題がなくても年月の経過とともにトラブルになってしまうケースも考えられます。

 

そこで、突然勝手に取り付けるのは迷惑がかからないかをきちんと考えること、事前にフェンスの取り付けを検討している旨を伝えておくことで、トラブルを回避することができる可能性を高められます。

 

ただし、取り付けについての相談をすることによって、取り付けに反対されてしまったりそのサイズについて意見されてしまったりすることもあります。

 

そのような時にはきちんと話し合うことで両者にとってメリットの高いサイズやレイアウトを考えて設置をするということができれば理想です。

 

建てた後でトラブルになることはやはり良いこととは言えません。そこで事前に可能な限り対応できる対処をした上で取り付けをするようにしましょう。

 

また画像のように目隠ししたい部分にだけ板が付いたフェンスであれば閉鎖的にならず悪い印象を持たれにくいかもしれませんね。

 

上だけ(上段)DIYコンフォートフェンス

上だけ(上段)DIYコンフォートフェンスを詳しく見る

 

 

□フェンス取り付けの流れ


目隠しフェンスが欲しいと思ったら決めなくてはいけないことが多々あります。

 

まずは材質を選び、設置タイプを選び、高さやデザインやカラーを決めます。

 

DIYで設置するのか業者に設置を依頼するのかでも選ぶフェンスは変わってきます。

 

決めなくてはいけない事がたくさんあっても焦りは禁物です。

 

失敗すると大きな後悔をする買い物なので慎重に決めていきましょう。

 

ガーデンライフ彩ではそんな方のお役にたてるようにブログ記事をアップしていますので是非参考にしてみてください。

 

目隠しフェンスの選び方のご提案

 

 

目隠しフェンスの板間隔の選び方のブログ記事を見る

 

 

目隠しフェンスの高さ選びについてのブログ記事を見る

 

 

材質でお悩みの方やカラーでお悩みの方は無料カラーサンプルを利用する事で解決に近づきます。

 

サンプル請求

 

樹脂フェンスのメリット・デメリットのブログ記事を見る

 

 

全方位をぐるっと囲んでしまうと見栄えもあまり良くありませんし、圧迫感が大きくなりご近所からも良くない評判になりかねません。

 

バランスを重視しておしゃれな目隠しフェンスで快適な空間を演出してください。

 

快適で素敵なお庭作りにガーデンライフ彩のフェンスを是非ご使用ください。

 

サンプル請求

 


ぽんと置くだけフェンスを詳しく見る

ぽんと置くだけフェンスを詳しく見る

 

ぽんと置くだけフェンスの設置事例一覧を見る

 

 

DIYフェンスを詳しくみる

DIYフェンスを詳しく見る

 

DIYフェンスの設置事例一覧を見る

 

 

上だけ(上段)DIYコンフォートフェンス

上だけ(上段)DIYコンフォートフェンスを詳しく見る

 

 

ブロック用フェンスを詳しく見る

ブロック上に設置するブロック用フェンスを詳しく見る

 

ブロック上に設置するブロック用フェンスの設置事例一覧を見る

 

 

短脚パネルを詳しく見る

既存フェンスに取り付ける短脚パネルを詳しく見る

 

既存フェンスに後付けできる短脚パネルの設置事例一覧を見る

 

 

ぽんと置くだけラティス

ぽんと置くだけラティスを詳しく見る

 

ぽんと置くだけラティスの設置事例一覧を見る

 

 

選べる設置のラティスを詳しく見る

設置方法が選べるラティスを見る

 

設置方法が選べるラティスの設置事例一覧を見る

 

 

サンプル請求

カテゴリ: 目隠しフェンス豆知識
UPDATE: 2018/03/23

カテゴリ一覧

月別アーカイブ


PAGE TOP